HTMLってプログラミング言語じゃないの?勘違いしがちな言語を整理してみた!

HTMLってプログラミング言語じゃないの?

プログラミングの勉強を始めようと思っている人や、プログラミング初学者などの人は、このような疑問持ったことありませんか?

というのも、プログラミングの勉強を始めようと思ったとき、まずどの言語から勉強を始めるか、いろいろ調べたり検索したりするかと思います。すると、HTMLってプログラミングの基礎中の基礎のはずなのに、なぜかどこにもおすすめプログラミング言語の中に入っていないんですよね。

初めのうちは、「きっと基礎すぎて入れるまでもない」って思っていたのですが、どうやらHTMLはプログラミング言語ではないらしいのです。

結論を言いますと、HTMLマークアップ言語という言語に分類されるのです。

HTMLは、「ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ」の略ですが、名前の通り、マークアップ言語なんですね。

では、そうなると「マークアップ言語には他にも何かあるの?」「プログラミング言語やマークアップ言語の他にも言語の種類はあるの?」などの疑問が生まれてきませんか?

僕はそんな疑問が生まれてきたので、簡単にまとめてみました!

マークアップ言語の種類

マークアップ言語には「HTML」以外にも主に「SGML」「XML」「XHTML」などがあるそうです。

SGML

SGML(Standard Generalized Markup Language)は、印刷で使用される組版文書のやり取りを便利にするために開発された言語です。SGMLは、マニュアルなどを電子化するのに役立ち、マークアップ言語の基礎を築きました。しかし、構造が複雑であり、またインターネット上でそのまま利用するには不自由な部分も多かったことから、インターネットに特化したマークアップ言語が必要とされるようになりました。その結果誕生したのが後述するHTMLです。 引用元:マイナビクリエイター

XML

HTMLと並んで、今日世界中で広く利用されているマークアップ言語です。ベースはSGMLですが、インターネットを経由して複数のアプリケーション間でデータをやり取りするのに適した構造を持っています。このため、膨大なコンテンツの中から一定のルールに基づいて情報を抽出したり、複数のWebサービスを組み合わせたアプリを制作したりする際に非常に便利です。 引用元:マイナビクリエイター

XHTML

「Extensible HyperText Markup Language」の略語です。HTMLとXMLの中間的な性質を持ち、XMLの文法に従うという特徴があります。XMLのメリットであるモジュール化が可能なため、HTMLよりも拡張性が高いというメリットがあります。また、MathMLやSVGといったXML文書を埋め込むことも可能となっています。ただしHTMLに比べて文法が厳密である点で注意が必要です。 引用元:マイナビクリエイター

その他の言語

スタイルシート言語

プログラミング言語、マークアップ言語の他にも「スタイルシート言語」というものがあります。スタイルシート言語はHTMLなどのマークアップ言語のスタイルを指定するのに使われる言語です。代表的な言語が、HTMLと並んでよく名前が挙がる「CSS」ですね。

主なスタイルシート言語としては以下の通りです。

  • CSS:(cascading style sheets)
  • DSSSL:(document style semantics and specification language)
  • XSL:(extensible stylesheet language)

まとめ

というわけで、プログラミング初学者が陥りがちな勘違いについて整理してみました!

まとめると、プログラミング言語と勘違いしがちな「HTML」はマークアップ言語で、「CSS」はスタイルシート言語であるということでした!

私は、ずっとHTMLとCSSはプログラミング言語だと勘違いしていので、HTMLを少し覚えたくらいでプログラミング言語を知った気になっていましたが、まだ入り口にも入れてなかったんですね^^;笑

たぶん、同じような勘違いをしている人も他にもいるのではないかと思い記事にしてみました。

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です