【HTMLの基礎】HTMLを始める前にまず知っておくべきこと。

HTMLの基礎

HTML(Hyper Text Markup Language)

マークアップ言語の1つであり、正確にはHTMLはプログラミング言語ではない。

文書宣言

HTML文書であることを宣言する。

<!DOCTYPE html>

と、シートの1行目に記載。

HTMLは基本的に半角で記載するが、「DOCTYPE」が慣習的に大文字である。

基礎文法:タグと属性

HTMLの基礎文法は開始タグと終了タグでコンテンツを囲むのが基本的な文法となる。

<h2>きそぶんぽう</h2>

赤文字が開始タグ、青文字が終了タグ。「きそぶんぽう」の文字がコンテンツとなる。「開始タグ+コンテンツ+終了タグ」を総じて要素という。そして要素を入力することをマークアップという。

  • 要素「開始タグ+コンテンツ+終了タグ」←マークアップ

 

また、タグのオプション情報(付加情報)を「属性」という。属性は、属性名と属性の値から成る。

<img src = ” img / logo.jpg “>

上記のimgタグの例だと、赤文字が属性名、青文字が属性の値となる。

  • 属性=「属性名+属性の値」←タグのオプション情報

コメント

下記のように、<!– –!>で、メモ内容を囲むことでメモを残すことができる。

<!– memo –!>

Atomエディタでは、「command+/(スラッシュ)」で、コメントの有効化と無効化ができる。

文字コードの設定

下記をheadタグ内にマークアップすることで、文字コードを設定する。

<meta charset=”utf-8″>

現在のHTML5の文字コードは、「utf-8」である。

ファイル名

HTMLファイルを保存する場合は、ファイル名「index.html」が一般的。

半角と全角に気をつける

エラーとなったらまず半角が全角になっていないかチェックする。

空白や記号の全角は注意。これらが全角になっているとエラーになる

HTMLの仕様を確認するには「MDN」

HTMLにおけるタグの種類、属性の種類など、情報は実に多い。

そこで、HTMLにおける様々な仕様を確認するには、とりあえずMDNから調べるようにする。

HTMLだけではなく、プログラミングの内容全てを記憶するのは、ほぼ不可能。調べるクセと調べるツールを常に持っておくこと

まとめ

以上が、HTMLの学習を始める前に知っておくべき基礎中の基礎である。

基礎がわかったら、HTMLの基本となる主要タグと、属性を覚えていくことをオススメする。

主要なタグと、属性をまとめた記事はこちら→HTMLの主要タグと属性の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です