「とりあえず3年は働け」には意味があるのか?3年経ってわかったこと。

こんにちは、よすです。

 

会社に入社すると、「とりあえず3年は働け」と言われたことないでしょうか。

なんの基準なのかわからず、ただ3年働いたけど、なにも変わらない!

きっとこんな人も多いことだと思います。

また、その3年働く意味に疑問を抱いている若手社員も多いことでしょう。

そこで今回は実際に「とりあえず3年は働け」と言われて3年働いてわかったことをお伝えしていきたいと思います。

「とりあえず3年」の意味

まず、そもそもなんで「とりあえず3年」なのでしょうか?

おそらくこの言葉に含まれる意味としてはこんなとこではないでしょうか。

 

社会人になると色々辛いこともある。

学生から社会人になって様々なギャップや壁にぶつかり会社を辞めたくなることもある。

しかし、

3年も働けば社会人にも慣れるし、社会のことがわかって当初辛いと思っていたことも辛くなくなるから、

 

とりあえず3年は働け!!

 

といったところではないでしょうか。

 

そして、「3」という数字は、

1年だと、少し早い。

2年だと、数字的に中途半端。

3年だとキリがいい。

よし、3年にしよう!

というところ??笑

 

 

という冗談はさておき、

やはり、いずれ転職するとなった時に、3年以内で辞めていると、転職先の人事からすると、「少し精神的に弱い人なのかな。。」という印象を与えてしまうこと。つまり、履歴書的にあまりよくないといった意味があるのではないかと思います。

 

あと、会社の多くは「入社してから3年経つと退職金が出る(※真偽は不明)」

といった理由もあるのかな?

 

まぁいずれにしても「とりあえず3年」の理由には特に深い意味はなく、わりとアバウトな意味で言われていると思っています。

3年働いてわかったこと

では、ここからが本題。

実際、僕が3年働いてわかったことをお伝えしますが、結論から言うと、

「とりあえず3年」には全く意味がない!

ということがわかりました。

 

入社してから上司や仕事にいろんな不満があった僕は、日々、先輩や同僚にグチをタレていました。

すると、言われるのは、「とりあえず3年」ジンクス。

3年働くとなにか変わるのかと思い、3年働いてみたものの、

なにも変わらない。

 

だいたい1年〜2年も経てば、社会の仕組みや礼儀、作法などは学べますし、学生時代とのギャップもだいたい埋まります。

最初の1年は確かに重要だと思いますが、1年経ったあとと、3年経った後には特に考え方も変わらず、今では「なんのためにあの会社で働いていたんだろう。」とさえ思っています。

 

そして、そんな会社から逃げるように、

3年働いた後、

転職しました。

転職後、「もっと早く転職していればよかった」と心底思いました。

20代若手の「1年」って大きいですからね

「とりあえず3年」に潜む危険

何よりも危険だと思うのは、今って結構、うつになる若手社員多いじゃないですか?

そういった人たちが、「とりあえず3年」ジンクスを信じて、辛い毎日を耐えて我慢しているんじゃないかということ。

3年経っても何も変わらないのに、きっと何か変わる!と信じて、日々ストレスに耐えながらうつ病の発症へと近づいていっているとしたら、かなり危険なことだと思うんです。

 

そんな人たちには声を大にして言います。

 

3年経っても何も変わりません!

今の職場が辛いなら早いとこ転職すべし!!

会社に行きたくない。日曜夜が憂鬱。そんな気持ちとはおさらば!

2018.05.30

ウザい上司の特徴&ストレスでうつになる前の対処法

2018.05.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です