【災害時の対策は万全?】もしものときの為に備えておくべきもの。

こんにちは、よすです。

 

例年にも増して、大雨、台風、地震などの自然災害が日本全国に猛威をふるっている平成最後の年。

被害に遭われた方々は、一日でも早く平穏な生活に戻れるようお祈りしております。

一方で、自身が住んでいるところは災害に遭わなかった人もこれで安心ではありません。

海に囲まれた島国かつ地震大国の日本において、安全な場所なんてないといっても過言ではないと思います。

万が一に備えて、

自分が住んでいるところは津波や洪水の心配はないのか?

避難場所はどこか?

何を持って避難すればいいのか?

などなど、事前に情報を整理して対策、準備を取っておくことは非常に重要です。

本記事にてもしもの時のために備えておくべきものをサクッと解説します!

災害対策①「ハザードマップで災害リスクを確認」

まずは、自分が住んでいる地域は洪水、津波、火山、等の心配はないかを把握しましょう。

家の近くに川、海があるという人は特に詳細な情報を確認しておく必要があります。

確認方法については、国土交通省のサイト「ハザードマップ」にて確認できます。

わがまちハザードマップ|国土交通省

ざっくりとですが、自分の住む地域の津波や洪水、火山、土砂災害などの災害リスクを把握することに役立ちます。

また、自分の住む地域だけでなく、働く場所や出張先など、普段、身を置く時間の長い場所においてもリスクの把握をチェックしておきましょう。

災害対策②「避難場所と避難経路の確認」

さて、あなたは災害に遭ったとき、一体どこに避難すればいいか。答えられますか?

答えられない人は、とりあえずこちらからチェック!

YAHOO!避難場所マップ

災害により危険が押し寄せ、速やかな避難ができるかどうかが生死を分けます。

いざ、地震が起きて避難勧告が出されても、どこに避難すればいいのかわからなければパニックになり被害に遭うリスクは急上昇します。

落ち着いて対応するためにも避難場所を事前に確認しておくことは非常に重要です。

また、もしも災害により家族が離れ離れになってしまった時のために、指定された避難場所に集まるよう打ち合わせをしておけば、心の安心にも繋がります。

避難場所まで走って何分くらいかかるのか、避難場所までの経路等、最悪の場合を想定して家から避難場所まで実際に足を運び避難訓練をしておくといいでしょう。

災害対策③「防災セットを用意」

最後に、防災セットの用意がまだの方は防災セットの用意を。

避難場所に向かう途中災害に見舞われた場合、避難場所に無事避難できたとしても避難場所生活を強いられるといった場合など、最悪なシチュエーションはいくつも考えられます。

そういった最悪なシチュエーションに備えて、非常食や備蓄水など生き抜くために必要な物資を用意しておかなければなりません。

そこで役立つのが防災セット!

防災セットを用意しておけば、災害時にすぐ持ち出すことができ速やかに避難ができます。

防災セット1つ用意しておくだけで災害に心強い味方ができます!

用意がまだの方は、この機会にぜひご用意を!!

災害に備えて

本当に日本という国は自然災害が多い国です。

世界の中でも有数の地震大国であり、海に囲まれた島国のため津波のリスクも他国と比べて圧倒的に高いです。

冒頭にもお伝えしましたが、そんな日本の中で安全な場所なんてないと言っても過言ではないと言えます。

地震、津波、土砂崩れ、台風、大雨、大雪、、、と、考えられる災害は数えるとキリがありません。

そんな日本に住む以上、今回お伝えした内容は最低限として、常に災害に備えての準備や心構えを持っておくことはとても賢明な考えです。

特に、南海トラフ巨大地震、首都直下型地震はいつ来てもおかしくないと言われていますので、太平洋側、首都圏に住む方々は万全の準備をしておきましょう!

備えあれば憂いなし!!

【地震について知ろう!】南海トラフ巨大地震・首都直下型地震に備えて。

2018.09.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です