人口筋肉「パワード・クロージング」が凄い!【2019年日本発売予定】

漫画「ガンツ」に出てくる特殊スーツをご存知だろうか?

漫画の世界だけあって現実離れしているのだが、その特殊スーツを着ると、身体能力が格段にアップして通常ではできないような動きが可能になるスーツである。

そんな近未来的なスーツが「現実にもないものか…」と思っていた少年時代であったが、時代も進み、この度それに近いものが本邦で発売されつつあるのだ。

 

2018年10月16日、都内にて「パワード・クロージング」の発表会が行われた。

パワード・クロージングとは、ロボット工学を活用して開発された、足腰をサポートするロボットウェアであり、いわば「着られる人口筋肉」である。

肌着のようなウエアで、服の下に着ることができ、普段の生活で体にかかる負荷を軽減することが可能になる。

ウエアの各所にセンサーが内蔵されており、人がどんな体勢なのか判別して自動でサポートする。

これを着用すれば、力強く山道を登ったり長距離を歩いたりすることが楽になる。

この製品を開発したのが、シリコンバレー初のベンチャー企業、サイズミック。

サイズミックのCEOである「リッチ・マホーニー氏」は、もともとアメリカ軍兵士向けのパワースーツの開発に携わっていて、今回の発表されたウエアにも同じ技術が活用されているとのこと。

普段着られるデザイン性と機能性が融合した新しいウエアとして、現在様々な投資家の注目を集めている。

このパワード・クロージングだが、アメリカを皮切りに2019年中にも日本で販売開始する予定とのこと。

 

人生100年時代と言われ、高齢化が進む日本において、筋肉をサポートする着られるウエア「パワード・クロージング」を、数年後には誰もが着るウエアとして見ない日はないかもしれない。

 

10月16日WBS放送より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です