ネットワークビジネス(マルチ商法)を始めようか悩んでいる人に読んでほしい記事

こんにちは、よすです。

 

本記事はネットワークビジネス(マルチ商法)の勧誘を受け、始めようかどうか悩んでいる人に読んで欲しい記事です。

 

と、その前に筆者である僕がネットワークビジネスに対して偏見があってはなんの説得力もありませんよね。

なので、前提に、私のネットワークビジネスに対する考えをお伝えしておくと、

ネットワークビジネスとは、同じ価値観同士のものが集まり皆が同じ方向を向いて取り組めば、とても楽しく効率よく稼ぐことのできる素晴らしいビジネスモデルだと考えています。また、ネットワークビジネスで扱う製品には素晴らしい製品が多いとも感じています。

なので、例えば過去にネットワークビジネスで失敗したから腹いせに、、、とか、悪いイメージを植え付けよう。なんてことは全くありません。肯定も否定もせず、あくまで自分の実体験をもとに感じたことを記していきたいと思います。

ちなみに、実際に僕がネットワークビジネスを経験して得た成果はというと、全然ダメでした。本腰入れて活動していたのはほんの数ヶ月ほどでしたが、大きな成果が出ないまま、全く別のことが原因でやめてしまいました。

決して上手くいかなかった、稼げなかった、というわけではないですが、振り返ると結果的にやめてよかったかなと思っています。

 

その理由も含め、ネットワークビジネス(マルチ商法)に片足を突っ込んだ経験のある僕が、ネットワーク初心者あるいは始める手前の人たちにお伝えしていこうと思います。

 

まず結論から申しますと、

生半可な気持ちなら、絶対やるな。

です。

 

どうしてか?

 

稼げないから。

お金を失って損をするから。

 

ではありません。

 

先述したように、やる気と努力次第ではしっかりと稼げるビジネスだと思います。

本気でネットワークに取り組み努力すれば稼げないことはありませんし、損をすることもないでしょう。

しかし、問題なのはそんなお金の話ではなく、

日本におけるネットワークビジネスへのイメージ

です。

ネットワークビジネスに対して根付いている悪しき価値観やイメージを覆すことが大きな壁となるのです。

時にはそれが原因で人間関係にヒビが入ってしまうこともあります。

 

ご存知のように、日本においてマルチ商法のことをよく「ねずみ講(無限連鎖講)」と言われます。

もちろん、ねずみ講のような違法な商売ではありませんが、、

なぜ、そのようなイメージが付いているのかは、過去にあった歴史をちょっと勉強すればわかるのですが、日本においてそういったネガティブなイメージが根付いているのは間違いありません。

 

また、日本は「嫌儲」という風潮が強い傾向にあると思います。

嫌儲とは、人が金儲けすることを嫌うこと。

自分が稼ぐことで紹介者(あるいは上の者)にも報酬が入るマルチ商法の仕組みなら尚更ですよね。。

 

このように日本においてネットワークビジネスに対するイメージはいいものではなく、もしネットワークを本気で始めようと思っているのならこのような障壁からクリアしていかないとならないのです。

 

しかし、ネットワークビジネスの魅力に惹かれ、これから周りの友人などに勧誘をしていこうと思っている人たちはきっと、

絶対わかってくれる!

自分が説得すれば大丈夫!

と、思っているのではないでしょうか。

 

が、ここでよく考えてもらいたいのが、

勧誘を受けた相手はあなたに対してどう思うのか

ということ。

 

勧誘をしてセミナーを受けて、あなたと同じようにネットワークビジネスの仕組みや魅力に気づいてもらえればいいです。

しかしそんな人たちばかりではないことは言うまでもありません。

中には、

  • 過去にネットワークで失敗した経験がある人
  • 親の失敗を見て最悪な印象を持ってる人
  • 信頼していた友人から過去にしつこい勧誘を受けて拒絶反応を示す人
  • 自分を金儲けの道具にしようと考える人

などなど、

受け取り方は人それぞれです。

 

それでも、わかってくれると信じて、説得しようとすると関係をさらに悪化させることに繋がりかねません。

人間関係というのは一度ヒビが入ると修復するのには時間がかかります。

ヒビどころではなく完全に割れてしまえば、割れてしまった人間関係を完全に修復することは不可能です。

周りの人間とこれからもずっと大切に付き合っていきたいと考えているのならネットワークビジネスは絶対やめたほうがいいと思います。

 

では、新規で知り合った人にどんどん勧誘をしていけばいいのでは?

 

ネットワークビジネスをする人たちは必ずこういった考えになると思います。

もちろん本気でやるならこの考えはとても大切です。(もともとの知り合い数にも限界がありますしね)

ただ、ネットワークビジネスで知り合った人間関係なんて結局はお金目的です。

「金の切れ目は縁の切れ目」というようにネットワークで繋がった人間関係は、ビジネスをやめると、たちまち消えていなくなるでしょう。

 

ずっと、ネットワークビジネスを生業に生きていくのなら問題ありません。

しかし、ほとんどの人が稼げず終わってしまう業界であり、あなたも同じ道を辿ることになると、

ビジネスで知り合った人間関係がなくなれば、もともとの友達からも白い目で見られ、気づけばあなたの周りには友達と呼べる人がいなくなっている可能性が大いにあるのです。(最悪の場合ですが、、)

 

実際に僕も、ネットワークビジネスが原因で仲の良かった友達、数人との関係がこじれてしまいました。

 

とにかく稼ぎたい!

周りからどう思われようと、なんて言われようと構わない!

という人なら、全然問題ないと思います。

 

しかし、

稼ぎたいけど友達も失いたくない。でも話せばわかるんじゃないか?

と思っている人には声を大にして言いたい。

今ならまだ間に合う。やめておこう。

 

自分がいま「幻想」の中にいるのではないか?ということを確認しましょう。

ネットワークビジネスとは夢のある仕事で、魅力的な商品かつビジネスモデルだと思います。

それだけに、夢を見てしまい幻想に浸かってしまうことがあるのも事実です。(特に仕事や会社に不満を持つ若手社員は。)

 

今一度、自分の状況を客観視してみて、本当に始めていいのかを考えてみてはいかがでしょうか。

ここまで読んでいただき、改めて考え直し、それでも始めたいと思う人は始めるのがいいと思います。

それだけの自信があれば、きっとあなたの夢は周りにも届いて、成果として表れるかもしれません。

 

結論:

「稼げるかも?という生半可な気持ち」「周りの人間関係に少しでもヒビを入れたくない!」人はやるな!

「周りからどう思われようと、なんと言われようと構わない!」「それだけの強い信念と稼ぎたい気持ちがある!」という人はやれ!

 

 

以上、これからネットワークビジネス(マルチ商法)を始めようか迷っている人のご参考になれば幸いです。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です