【貯まらない人から貯まる人へ】お金が貯まる人になるための3カ条

「全然お金が貯まらない…」

「でも収入が少ないし仕方ないか。」

と、お金が貯まらない理由を収入のせいにしていませんか?

お金が貯まらないのには、収入はあまり関係ありません。

年収があまり高くなくてもお金が貯まっている人がいる一方で、年収は高いのにお金が全然貯まらないという人がいます。

では、その差はどこから生まれてくるのでしょうか。

それは、「心の問題」が大きく関係しています。金銭感覚や節約、貯蓄に関する考え方を変えるだけで、お金は案外、簡単に貯まっていくものです。

今回はそんな貯まらない人から貯まる人になるための3カ条をご紹介していきたいと思います。

貯まる人になるための3カ条

貯まる人になるための3カ条
  1. 収入が上がっても、生活レベルを上げない
  2. 「余ったら貯蓄」ではなく「まず貯蓄」を心がける
  3. 節約は、変動費よりも固定費から

なかなかお金を貯められず困っているという人は、上のことだけを意識してみるといいでしょう。

具体的に一つずつ解説していきます。

収入が上がっても、生活レベルを上げない

年収が同じ600万円でも、貯まる人と貯まらない人がいます。少しずつ年収が上がっていき、600万円になった時に、「かなり余裕ができた」と思わないことです。そう思うと、少しずつ財布のヒモが緩み、今まで買えなかったものを買いたくなります。そして次第に金銭感覚が狂っていくのです。

年収が上がったときに大切なのは生活レベルを上げないことです。手取り収入がなかなか増えない今の時代は、この先、何が起こるかわかりません。リストラや会社の倒産などがないとは言えません。一度生活レベルを上げてしまえば、元のレベルに戻すのは大変ですから、生活レベルを上げず、増えた収入はそのまま貯蓄に回しましょう。

「余ったら貯蓄」ではなく「まず貯蓄」を心がける

お金を貯められない人の多くは、「お金が余れば貯蓄」と考えます。「収入ー支出=貯蓄」という計算式ですが、お金を貯められる人は「収入ー貯蓄=支出」で、「まず貯蓄」を確保してから、お金を使います。

「余ったら貯蓄」ではなく「まず貯蓄」の心がまえが大切です。

節約は、変動費よりも固定費から

お金が貯まらない人は、節約というと、まず食費や日々の支出などの「変動費」をなんとかしようと考えます。しかし、これらのお金を削ると、家族は生活のレベルダウンを感じ、不満が募ります。勤労意欲が低下したり、家族の仲が悪くなったりする危険性もあります。

そのため、まず変動費を削るのではなく、毎月決まって出ていく固定費を削ることから考えましょう。住宅ローンや生命保険料の見直し、携帯電話代のプラン変更などです。固定費は引き落としになっているものがほとんどなので、大きな支出でも気づかず放置している可能性があります。一度通帳をチェックして見直してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

お金を貯められないのには心の問題が大きく関係しています。日常の意識を少し変えるだけで意外と簡単に貯められるようになるかもしれません。

ぜひ、本記事を参考いただき貯めれる人へとなりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です