「ギャンブル依存症」「パチンコ・パチスロ中毒」から早めの脱却を!

こんにちは、よすです。

 

「ギャンブルをやめられない…」

「暇さえあればパチンコ店に来ている…」

 

というように、ギャンブルの楽しさから抜け出せず、やめたくてもやめられないという人いませんか?

特に大学生や社会人若手といった自由に使えるお金があるときに、このようになる傾向が強いと思います。

しかし、若い貴重な時間をギャンブルに費やしてしまうことは非常にもったいないこと!!

かくいう私も、大学・社会人若手という数年間は、暇さえあればパチンコに行き、お金も時間も浪費してしまった一人です。

今回は、そんな後悔した経験から、「若い貴重な時間をギャンブルに費やしてしまうのは時間もお金ももったいないよ!」ということについて語っていきたいと思います。

ギャンブルは「経験、娯楽」としてはあり

まず大前提、ギャンブルをすることは決して悪いことではないということは冒頭にお伝えしておきたいと思います。

ギャンブルをすることでストレス発散になったり、楽しい、幸せといった幸福感を感じることは精神安定面においては非常に大切だからです。

また、パチンコパチスロをはじめギャンブル自体を経験したことがない人は、一つの経験としてどんなものかと経験してみるのもありだと思います。

しかし、ギャンブルにおいて危険かつダメなことは、その世界にどっぷり浸かってしまうこと。つまり、慢性的にハマることです。

ここからは、「なぜギャンブルにハマるのか?」「ハマることによるデメリット」等についてお話していきます。

なぜギャンブルにハマるのか?

それは、ギャンブルを行うことで「ドーパミン」という脳内の快楽物質が放出される為です。

ドーパミンとは脳内の報酬系から放出される神経伝達物質の一つで、いわゆる何かを成し得たときに得られる快感のことです。(ドーパミンに関する記事→やる気アップ!モチベーション向上にはドーパミン分泌が欠かせない!

 

例えば、パチンコで大当たりを引いた時、

「キターーーー!!」ってなりますよね。

実はこのとき脳内では、ドーパミンがバンバンに分泌されているわけなんですよ。

このドーパミンが分泌されている間は快楽状態に陥り、これが中毒となり、再び快楽を求めようとパチンコにハマってしまうのです。

これが、いわゆるギャンブル依存症と言われる原因なのです。

ギャンブルは負けるもの

とはいえ、ギャンブルをして儲ければいい話。

お金が儲かれば、そもそもギャンブルをやめる必要もないしハマっても問題ありません。

しかし、そんな事ないということは殆どのギャンブラーが重々承知のことかと思います。

それがわかっていてもギャンブルをしてしまうのが、ギャンブル依存症ですよね。

一応、ギャンブルがどういったものかを簡単に解説しておくと、

ギャンブルはそのギャンブルを開催している主催者、いわゆる「胴元」が必ず勝つ仕組みになっています。

賭けるお金に対して戻ってくるお金、の「還元率」が最も高いギャンブルの代表格であるパチンコ・パチスロで、還元率は80%〜90%と言われています。つまり、1万円賭けて8000円〜9000円返ってくるが、1000円〜2000円損するということ。

このように理論的に考えて、ギャンブルというものは胴元が必ず勝つ仕組みのため、ギャンブルを行うものは負ける確率が圧倒的に高くなるということです。

もちろん、中には熱心な研究や努力を繰り返して勝ち続ける?ギャンブルを生業とする「プロ」といった人たちがいるかと思いますが、そこまでできる人はなかなかいませんよね。

ギャンブル最大のデメリット

勝てなければギャンブルは単なる高い買い物。

先にも述べた、ギャンブルをすることで日々のストレス発散や、幸せな気持ちを味わうことはいいのですが、それだけでは非常に高い買い物です。

圧倒的にデメリットの方が多いです。

ギャンブルによる最大のデメリットは、

お金と時間を浪費してしまうこと。

特にハマりやすい大学生や社会人若手のときにギャンブルにお金も時間も使ってしまうことが最も避けたいことだと私は考えています。

なぜなら、若ければ若いほど時間は貴重だからです。

また、大学生のバイト代や社会人若手の給料というのはそんなに多くはなく貴重です。

そんな貴重な時間もお金もギャンブルに浪費してしまうことは本当にもったいないことです!!

ギャンブル依存症の人は、ギャンブルは投資でなく投機であり、時間もお金も浪費してしまうものであることを認識する必要があると思います。

投機を投資に変える

ギャンブルは「投機=浪費」であると捉え、ギャンブルに使っていたお金を投資に変えるようにしましょう!

投資には様々ありますが、資格の勉強をするでもいいですし、自己啓発本を買って読むでもいいですし、株や投資信託に投資してみるでも、現状よりプラスに変わりそうなことであればなんでもいいと思います。

投資についてはこちらの記事をご参考に→「自己投資」と「資産運用投資」に対する考え方について!

対策:ギャンブル店に行かないこと

手っ取り早く、慢性的なギャンブルから抜け出すには、ギャンブルを行う店には行かないこと!!

これに尽きると思います。パチンコ店や競馬場など、ギャンブル店というのは何か異世界な感じがして日常を忘れさせてくれる雰囲気が漂っているんですよね。

そんな「非日常」的な要素もギャンブルにハマってしまう一因なのではないかと思います。

でも、だからこそ店に行ってしまったら最後、あの雰囲気に飲まれ金銭感覚もおかしくなって気づけば1万2万とお金を失っていってしまうのだと思います。

なので対策は、とにかくギャンブル店には行かないこと!です。

さいごに

ここまで、ギャンブルの概念やデメリット等についてお話して参りました。

しかし私は決してギャンブルが嫌いなわけでもなく、全くやらなくなったわけでもなく、

今では娯楽目的としてたまに利用して楽しんでいます。

ただ、ギャンブルをする上で打ち立てた鉄則があります。

それは、

  1. ギャンブルは何も生み出さないことを理解する
  2. お金と時間を浪費してしまうもの
  3. それを理解した上で、娯楽目的でやる
  4. やる期間もごく稀息抜き程度

ということです。

結論:ギャンブルは楽しいが、時間もお金も浪費してしまう危険なものでもあるので、付き合い方を変えてギャンブルを引き続き楽しむことが大切である!

ということを本記事ではお伝えしたかったことです。

ぜひ、ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です