知らないと損をするお金の基礎知識

こんにちは、よすです。

 

みなさん、お金の勉強をしたことってありますか?

僕たちにとって、とても身近なものであるお金。

1日を通して「1円」もお金を使わないなんて日は、滅多にないのではないでしょうか。

お金を支払えば、その対価にモノやサービスを受け取ることができます。

しかし、そのお金の使い方を知らないと、意外といろんなところで損をしているかもしれません

かといって、学校でお金に関する勉強をするわけでもないし、せいぜい親から教わることといえば、

「無駄使いをしてはいけない」「将来のためにしっかりと貯金をしなさい」「お金はよく考えて大切に使いなさい」

と言われるくらいなのではないでしょうか。

そんなお金に対する知識や情報を正しく理解して判断する能力のことを金融リテラシー言いますが、この記事を読むことで少しでも皆さんの金融リテラシーの向上に繋がれば幸いです。

あなたはどの支出パターンが多い?

まず金融リテラシーを高める為には、支出のパターンを理解する必要があると思います。

お金の支出パターンには3種類あり、

  1. 投資
  2. 消費
  3. 浪費

の3種類があります。

これは言い換えると以下のような意味にも捉えることができます。

チェック
  • 支払ったものが、支払額以上の価値がある=「投資
  • 支払ったものが、支払額と同等の価値である=「消費
  • 支払ったものが、支払額以下の価値しかない=「浪費

例えば、英会話スクールに通い英会話をマスターする。このスクール代はあきらかな「投資」です。

スクール代にいくらかかったとしても、キャリアアップに繋がり年収が何倍にも上がることが考えられるからです。

また、生活に関わる消耗品や食材を買う。これは「消費」でしょう。

しかし、ストレスが溜まっているからといって暴飲暴食をしたり、ショッピングにいって使わないものを衝動買いしてしまったりすることは、単なる「浪費」となってしまいます。

それでは有名な高級レストランへ行くことはどうでしょう?

一見「浪費」に感じるかもしれないですが、有名な高級レストランへ行くことでその人の教養や見識が深まったり、得意先との雑談ネタに使うことが目的であれば、十分な「投資」となるでしょう。

さて、あなたはどのパターンの支出が多いでしょうか。

もし「浪費」の割合が多いかも?という方は少しお金の使い方を改めた方がいいかもしれません。

いかに「浪費」を減らして「投資」を増やすかが大切です。

お金を価値のあるモノやサービスにしっかり使い価値のないモノやサービスには使わないというのが鉄則でありルールでしょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

支出パターンには「投資」「消費」「浪費」の3種類があり、金融リテラシーを高める上で、自分がどのパターンの支出が多いのか改めて見直す必要性があると思います。

支出パターン
  • 「投資」→ 買ったもの > 支払額
  • 「消費」→ 買ったもの = 支払額
  • 「浪費」→ 買ったもの < 支払額

この図式を頭に入れて普段の支出を意識すれば、おのずと「浪費」が減り、きっと将来何倍にも化けて返ってくる「投資」に変わるのではないでしょうか^ ^

というわけで、少し金融リテラシーも高まったと思いますので、早速お金の使い方から意識してみましょう!

ではでは!

関連:オススメの資産運用法と節税対策を紹介!【マネープラン大公開】

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です