今すぐポジティブ思考になろう!ネガティブ思考は能力を落とす!?

あなたはポジティブ思考?それともネガティブ思考?

もし、ネガティブ思考だとしたら、今すぐポジティブ思考に変えましょう!

ネガティブ思考は能力を落とす?

なぜ、ネガティブ思考をポジティブ思考に変える必要があるのか?

それについては一言。

ネガティブ思考は能力を落として、ポジティブ思考は能力を上げるから

です。

もしあなたが自分の力を信じることができなければ(いわゆるネガティブ思考)、目の前に迫る問題に立ち向かうこともできず、挫折してしまいます。

「自分の力で、どんな状況でも乗り越えていける。」

そう信じることを、心理学者アルバート・バンデューラは「自己効力感」と提唱しました。

自己効力感とは、自分に対する信頼感や有能感のことで、自己効力感の低い人は何事に対しても行動する気力がわかないために自ら行動することが少なく、結果、自己効力感を実感することもありません。

自己効力感がないと、始める前から「どうせできない」と思い込んでしまいます。行動しなければ成功することはおろか、椅子から立ち上がることすらできません。

つまり、自己効力感が低いネガティブ思考な人は、ダイレクトにパフォーマンスへ影響してしまい、能力の低下に繋がってしまうわけなんですね。

今すぐポジティブ思考になろう!

では、高いパフォーマンスを発揮し能力を上げるためにはどうすればいいのか。

そう、ネガティブ思考をポジティブ思考に変えればいいだけです!

あなたがもし困難な状況に陥ったら、そのとき信じることができるのはあなた自身の力であるはずです。この自身の力を信じる力こそが自己効力感でありポジティブ思考なのです。

自分の力を信じきることができれば、たとえどれほど困難な状況に陥ろうとも、平常心や意欲を失うこともなくなるでしょう。実際、アメリカで行われたアンケートでは、ジャンルを問わず成功を収めている人ほど自己効力感が強いことがわかっているそうです。

ポジティブ思考が、より良いパフォーマンスを発揮し、能力を最大限に引き出すことに繋がるのです!

自分をほめて自己効力感を高める

とはいえ、もともとネガティブな人は、そう簡単にポジティブになれるわけではありませんよね。

そこで、ポジティブになれるちょっとしたコツを紹介します。

  1. 紙とペンを用意してください。携帯のメモアプリでも書けるものであればなんでもいいです。
  2. そして、思いつく限り、自分の長所や強みなど良いところを書いてください。他人から言われた良いところとかだと一番良いですね。
  3. 書き終わったら読み返してみましょう。できる限り毎日読み返すようにして習慣化します。

 

すると不思議と、どんどん自分に自信がついてくるはずです。こうやって自分の良いところに目を向けてあげれば次第に自己効力感は高まってポジティブ思考へと変わっていきます。

反対に、ネガティブな人は自分の悪いところに目を向けがち。そして、自己効力感が無くなりネガティブ思考になってしまうのです。

つまり、ネガティブからポジティブに変わるには、とにかく自分をほめてあげることが大切なんですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ネガティブ思考は能力を落とすから、ポジティブ思考になろう!という話でした。

ぜひぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です