ワーケーションとは?注目を集める「将来の働き方」を解説!

場所や時間を選ばず自宅やシェアオフィスなどで仕事をすることができる「テレワーク」という働き方があるが、そのテレワークをさらに一歩進めた働き方が今注目を集めている。

それが「ワーケーション」だ。

本記事では、「ワーケーションとは何か」「テレワークとワーケーションの違い」「ワーケーションのメリット、デメリット」等について解説する。

ワーケーションとは何か

ワーケーションとは、仕事(ワーク)と、休暇(バケーション)を組み合わせた造語で、リゾート地などで休暇を取りながら仕事を行う労働形態のことである。

つまり、仕事と遊びが両立できる働き方なのだ。

そんなワーケーションは欧米で始まり、日本でも普及させようと一番に和歌山県が乗り出している。

ワーケーションとテレワークの違い

では、ワーケーションとテレワークの違いはなんなのだろうか。

冒頭にも記述したように、テレワークとは、時間と場所を選ばず自宅やオフィスなどで自由に仕事ができる働き方である。

また、似た意味の言葉に、リモートワークという働き方もある。

ついでにリモートワークにも触れておくと、リモートワークとは、離れた場所にいる人同士が、リアルタイムで一緒に仕事ができる働き方のことである。

このテレワーク、リモートワーク、ワーケーション、どれもインターネットなどの情報通信技術を利用することで遠隔地でも仕事ができる点に変わりはないが、やはり最も大きな違いとしては、「休暇」という点であろう。

リゾート地などでバケーションを楽しみながら仕事を行うワーケーション、いわば長期休暇を重視する働き方に対し、テレワークを利用する人は自宅にいながら仕事をしたい人、例えば子育て中の人など向けの働き方であると言える。

このように目的や動機によって変わる働き方なのではないか。

ワーケーションのメリット・デメリット

では、ワーケーションのメリット・デメリットには何があるのか。

メリット

休暇先でのびのびと仕事が行える

生産性の向上が期待できる

リゾート先である地方の経済が活性化する

労働参加が増えることで、人手不足の問題を解消

デメリット

仕事と休暇の隔たりがなくなる

→常に仕事が頭から離れない

→休暇中に突然、仕事が入ることも。

 

と、メリットとデメリットを思いつくだけ簡単にあげてみたが、やはり休暇と仕事が一体になっているところがメリットでもありデメリットでもあるのではないかと思う。

そして、地方経済の活性化や、人手不足問題の解消が期待されるといった国のメリットも考えられる。

ワーケーション:まとめ

今注目を集めるワーケーションという働き方について簡単に解説した。

ワーケーションは、仕事と休暇を融合した新たな働き方の一つであった。

また将来の働き方の一つとして、国や一部の企業が実証実験を行なっているらしいが、ワーケーションを取り入れることによるメリットを考えると、ワーケーションという働き方が主流になっている日も近いのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です