Twitterでインプレッションを高める上で確信した、たった1つの方法

こんにちは、よすです。

 

ビジネスを行う上でTwitterを取り入れ活用されている方は非常に多いことと思います。

そしてTwitterをはじめ、自分が持つメディア媒体で読者やフォロワーといった、いわゆるファンを増やすことが、ビジネスを成功させる上ではキーとなってくるのではないかと思います。

実際にビジネスにおいてTwitterでフォロワーを増やす事に力を入れて頑張っている方、多いのではないでしょうか。

そこで、今回はSNSやブログメディアの中でも特にTwitterにフォーカスを当てて、Twitterにおいてインプレッションを高めるたった一つの方法について紹介していきたいと思います。

ちなみに、今回の方法についてはTwitterを開始して超初期(0からスタートの人、フォロワーが100未満)のような人たちが対象となります。

方法だけについて知りたいという方は目次から「2.インプレッションを高めるたった1つの方法」にジャンプしてください!

インプレッションを高める意味

まず、なぜインプレッションを高める必要があるのか。

それは、フォロワーを増やす上で自分の投稿が1人でも多くの目に留まる事が重要となるからです。

そもそもインプレッションとは、「あなたのツイートがユーザーに見られた回数」を表しています。

ということは、インプレッションの数が多ければ多いほど何かしらのイベント(いいね、リツイート、クリック)に繋がる可能性があり、少なければ少ないほどイベントの発生に繋がる可能性が低くなるわけですよね。

この「いいね」や「リツート」などのイベントの事をTwitterでは「エンゲージメント」と言いますが、エンゲージメント率を高めるには、まずはインプレッションを稼がないといけません

冒頭にもお伝えしたように、今回の記事では超初期段階のフォロワーが0〜100程度を対象にしています。

アクティブ率が高いフォロワーが「300」や「500」もいればリツートなりの何かしらのエンゲージメントを得られ、そこからフォロワーを増やす打開策が生まれると思うのですが、このような超初期段階だとユーザーの目に触れさせることから始まりますし、そもそもユーザーの目に触れられない事にはどうにもなりません

そこでここから、そんな超初期段階において、少しでもインプレッションを高めるたった一つの方法について紹介します。

インプレッションを高めるたった1つの方法

それは、固有名詞を出すことです。

具体的な固有名詞を出して、それに関連した内容を固有名詞とともにツイートするのです。

まぁ「キーワード」と意味合いは同じなんですが、「より具体的に」という意味で固有名詞と言っております。

ではなぜ固有名詞を出すとインプレッションが高まるのかと言いますと、その固有名詞に興味がある人たちの検索ワードに引っかかり、検索結果として自分のツイートが、その検索した人たちのタイムラインに表示されるからですね。

さらに、そのツイートに対して「いいね」や「リツイート」がされる事によって、反応してくれた人のフォロワーにも伝わる可能性があるという好循環が生まれるようになるのです。

そして、固有名詞の中でもやはり出来るだけ流行っているものを取り入れるといいですね。

事例を紹介

これは、ある日僕がツイートした内容です。

フォロワーも少ない時で、大体1ツイート当たりのインプレッションは「50〜100」程度でした。

しかし、この時のインプレッションは、なんと4,430!!

なぜ、これだけ、普段のインプレッションから何十倍にも膨れ上がったのか?

それは、やはり具体的な固有名詞を出したこと。

今回の場合だと、つみたてNISA、ウェルスナビ、テオ、iDeCo等というワードですね。

あと同時に、有益な情報であったことがインプレッションを高めた大きな理由ではないかと思います。

普通、あまり教えてもメリットがないお得な情報やお役立ち情報というのは心の内に秘めて言わないものですが、そういった有益な情報であればあるほど、惜しみなくどんどん発信をしていく事が、より多くのユーザーの目に留まることに繋がるのだと思います。

さいごに

今回はインプレッションを高める方法を紹介しました。

そこからエンゲージメントを獲得してフォロワーを増やせるかは、皆さんの実力工夫次第です。

では、頑張ってください!!

関連:バズる威力は絶大!バズる方法やメリット等を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です