「とりあえずやってみる」を大切にすると得られる5つのこと【消極タイプ必見】

人生において「とりあえずやってみる」ことってすごく大切なことだと思います。

何事も経験をしてみないとわからないことばかりで、自分の目で見て、手で触れて、脳で感じることってすごく重要です。

しかし、経験を積むことの重要性を脳で理解していても、いざ行動に移そうと思うとなかなか動けないもの

そこで大切になってくるのが、「とりあえずやってみる精神」です。

本記事では、「とりあえずやってみる」を大切にすると得られるものについて語っていきたいと思います。

「とりあえずやってみる」を大切にすると得られるもの

人としての魅力が高まる

とりあえずなんでもやってみることを大切にすることで、経験値が貯まり自分という人間に磨きがかかることで、人としての魅力が高まるようになります。

多くのことに精通している人をみると、なんだか遠い大きな存在に感じますよね。それはきっとその人に魅力があって見えないオーラがあるから。

「とりあえずやってみる」を積み上げることで、人としての魅力が次第に高まっていくのです。

チャンスに出会える

「とりあえずやってみる」を大切にすると、チャンスに出会えるようになります。

バッターボックスに立ちバットを振る回数が多ければ多いほど、ヒットになる確率は高まりますよね。反対に、バットを振らなければヒットどころかボールを打つことすら叶いません。

それと同じで、とにかく行動に移すこと(バットを振る)が、チャンスに出会うこと(ヒット)に繋がるのです。

成功への材料となる

失敗を恐れて行動できない人が世の中、非常に多いのではないでしょうか。

失敗はできる限りしないことがベストです。そして誰もがそう思っているはず。

しかし、失敗以上に怖いのが、失敗を恐れるあまりなにも行動できずに、成長できないまま終わってしまうこと。

成功する人はよく、失敗を失敗と思っていないと言うそうです。

それはきっと、失敗をすることで成功をするための貴重な材料を得ているから。

「とりあえずやってみる」を実践すると、おそらく多くの失敗もついてくると思います。しかし、それは成功するための貴重な材料であると捉えることが大切ですね。

本当の価値を知ることができる

「百聞は一見にしかず」ということわざは、100回聞くよりも1度目で見た方がよっぽど物事を判断できる。ということです。

つまり、何事もやってみないと本当の価値を知れないということ。

知識をひけらかすよりも、自分が経験、体験したことを語る方が、よっぽど説得力がありますし、相手にとっても為になると思います。

知識に経験が加わって知恵になります。

物事の本当の価値を知る意味では、「とりあえずやってみる」ことはとても大切ですね。

充実した後悔のない人生になる

月並みな言葉ですが、人生は経験からできています

「とりあえずやってみる」ということはいわば、「何事もとりあえず経験してみて経験値をどんどん貯めていく」ということ。

そうするときっと、充実した人生になるでしょうし、後悔のない人生を送れるようになるのではないでしょうか。

「とりあえずやってみる」は早ければ早い方がいい

この「とりあえずやってみる」を今までしてこなかった人は、今すぐにでも始めた方がいいと思います。

なぜなら、これをするかしないかでどんどん差がついていくから。

例えば、20歳から10年間、何事においても「とりあえずやってみよう」と行動した人と、「失敗が怖いからやめておこう」と行動しなかった人が、30歳になったとき、どれだけの差が生まれているでしょうか。

人としての魅力や、人生観、充実度、何をとっても行動した人の方が、高い気がします。

人生100年時代と言われ、これからもまだまだ長い人生の中で、様々なたくさんの経験を積んでおくことは人生を楽しむためにも早いに越したことはないと思います。

また、年をとってからよりも若いうちに経験しておく方が、フットワークも軽く元気ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です