転職で成功するには?転職で失敗しない方法を紹介!【必見】

これから転職しようと思っている人は、「せっかく転職をするなら絶対今よりも良い会社に入りたい!」ときっとそう考えているはず!

そこで本記事では、転職で成功するにはどうすればいいのか、ちょっとでも転職を成功させる確率を上げるのにどうすればいいのか?その方法についてお伝えしていきます!

転職を検討している方のお役に立てれば幸いです。

【転職成功体験】社会人3年目に転職したら年収が100万円アップした話。

2018.09.23

転職で成功するにはどうすればいいのか?

まず、転職をする上で、「なぜ転職するのか?」という「転職理由」を明確にすることが大切です。

その上で、どうしたら「転職に成功した!」と言えるのか「成功基準」を決め、

最後に、「職種と業界」を決め会社を絞るという流れが転職で成功する確率を高める方法だと考えています。

では、順番に解説していきます!

グッドポイント

転職する理由

まず、なぜ転職をするのか?あるいは、したいのか?

といった、転職理由を明確にしましょう。

なぜかというと、理由によって成功するかしないかが大きく変わってくるからです。

例えば、転職したい理由が「プラス理由」だと、成功確率は高くなり、「マイナス理由」だと低くなります。

さらに掘り下げていえば、

プラス理由には、

「もっと条件の良い会社にいきたい!」「もっと自分の強みを生かせる仕事があるはず!」

といったようなポジティブな思いから転職をしたいという気持ちなのに対し、

マイナス理由には、

「人間関係が嫌になって。」「上司が嫌いで。」「今の仕事に不向きで。」「辛くてとにかく今の仕事を辞めたい。」

というようなネガティブな感情から転職をしたいと考える人もいますよね。

このように、転職したい理由は人それぞれであり、その理由はポジティブな「プラス理由」とネガティブな「マイナス理由」に分かれると思います。

そして、おそらく本記事を読んでいるほとんどの人が後者のマイナス理由の方ではないでしょうか?

どうしてもマイナスな理由だと、今の状況から抜け出したい一心で現実逃避という形で「転職」を選んでしまう傾向にあるかと思います。

そのような気持ちだと、転職で成功する確率は必ず下がります。

そこで転職する上で重要となる指標が、「成功基準」を決めることです。

成功基準を決める

成功基準とはどうしたら転職成功といえるのかといった、いわば「このような会社に入ったら合格」というような基準を設けておくことです。

例えば、

  • 給料、年収がアップしたら成功
  • 福利厚生が充実している会社に入ったら成功
  • 風通しの良い会社で人間関係に悩まなかったら成功
  • やりがいを感じる仕事だったら成功

 

というように、成功基準は多ければ越したことはないですが、自分の中で成功基準を決めて、その上で会社選びをするようにするのです。

 

そして、会社を決める時に、職種と業界を絞って会社を選んでいきますよね。

転職を成功させるためには、この職種と業界を絞るときに大切にしなければいけないことがあります。

大切なのは社会経験を積んでから会社を選ぶのと、社会経験がなく会社を選ぶのでは、天と地の差ほど違うということです。

学生時代では知り得なかった社会の常識や、ギャップ、自分に向き不向きの仕事というのが、ある程度社会経験を積めばだいたい見えてきますからね。

そういった目で、再度「業界」と「職種」を選べば転職で成功する確率はグンと伸びるのではないでしょうか。

職種を決める

では、業界と職種を選定するわけですが決める順番が大切で、業界よりも職種から先に決めた方がいいと考えています。

理由は、「個人の能力」は職種に関係するからです。

例えば、営業の仕事が苦手だったらどの業界にいっても苦労するのが目に見えていますよね。

一方で、事務作業が得意だったらどの業界へいってもすぐにその強みを発揮することができると思います。

このように、仕事に対するやりがいや、キャリアプランを考える上では、業界よりも職種の方が重要であると思います。

また、自分の強みを生かせる仕事や向いている仕事に転職できれば、出世も早くなり、ゆくゆくは給料・年収のアップにも繋がっていくわけですしね!

 

職種を選ぶ上で自分の強みや得意とすることを知るのは非常に重要です。

自分の強みや得意を知るには「ストレングスファインダー2.0」をぜひお試しください!

「ストレングスファインダー2.0」は自分の隠された才能や強みを知るのに最適な「自己診断ツール」です。

無料診断ツールとは違い有料だからこそわかるものが必ずあるはずです!

実際に僕も実施しましたが、自信が確信に繋がりホントにやってよかったと思います!

業界を絞る

そして次に、職種が決まれば、業界を決めます。

職種が個人の能力を発揮できる指標であったのに対し、業界は扱う製品が主に違うという感覚です。

特に扱いたい製品にこだわりがなければ、職種から決めるのがいいですが、

「とにかくこの製品、業界に携わりたい!」という人は業界から先に絞ってもいいと思います。

「特にない」「他にどういった業界があるのか知りたい」という人は、

毎年、発刊されている「四季報 業界地図」をご参考に↓↓

あと、業界を決める上で大切なことが、「自分に合った業界なのかどうか」ということ。

もう少し具体的にいうと、「自分のレベルに見合った業界なのかどうか」ということです。

例を上げていうと、「医療業界」ですと、国家資格を持つ医師や薬剤師など、いわゆる頭のいい人が集まる業界になるかと思います。

そういった、一般的な業界に比べて、いわゆる「偏差値が高い業界」「エリートが集まりやすい業界」というのは少なからず存在します。

身も蓋もない話になりますが、運よくそういった業界に転職できたとしても自分のレベルが見合ってなければ転職後に苦労するハメになりかねません。

どういった業界が合うのかは業界を選定する段階で、今までの人生を振り返ればなんとなくわかると思います。

業界を選定する上で、そういった観点で選定するのも転職を成功する上で大切なのではないでしょうか。

転職サービスを利用してマッチする会社を探そう

ここまで、転職で成功するにはどうすればいいのか?ということについて、ご紹介して参りました。

簡単にまとめると、

まとめ
  1. 「なぜ、転職したいのか?」という転職理由を明確化する。
  2. 転職理由を明確化した上で、「どうしたら転職成功なのか?」という「成功基準」を設ける。
  3. 「転職理由」「成功基準」が決まったらいよいよ「職種」を選定する。
  4. 職種を選定した上で、自分のレベルに見合った「業界」を決める。

です。

世の中には数えきれないほどの会社・企業があります。

しかし、上記の流れに沿って会社を選定していけば自ずと数も限られてくるかと思います。

せっかく転職するなら今よりもいい会社に入りたいものです。

慎重に選んで、自分とマッチする会社を探しましょう!

[/box] 業界未経験

さいごに:「面接はありのままの自分で」

最後に、転職を経験した僕から一つアドバイスをするなら、

面接は、ありのままの自分で行きましょう。

おそらく、1度目の就職活動の際は、少しでも良い会社、良い企業に採用してもらおうと、少しでも面接官に好かれる像を演じて、背伸びして面接に望んでいたのではないでしょうか。

しかし、自分を偽り、背伸びして入ったところで後から苦労するだけです。これは一度社会を経験されている皆さんならおわかりだと思います。

自分の条件に見合った会社という前提で、ありのままの自分に合うかどうかは面接官に任せればいいだけです。

面接官は日々人と面接しているわけですから、人を見る目はプロなはず。きっとありのままの自分がその会社と合っているかどうかを見抜いてくれるはずです。

どれだけ入りたいと思う会社でも入ってから苦労して後悔するより、どうせ転職するならベストマッチする会社に入りたいものですよね。

その上で、ありのままの自分をさらけ出して面接に望むことは重要だと思います。

 

以上、長文でしたがお読みいただきありがとうございました。

本記事がこれから転職される方のお役に立てれば幸いです。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です