これから副業を始めるなら、間違いなく『ストック型副業』がいい理由。

どうも、よすです。

先日、経団連の会長とトヨタの社長の口から終身雇用の崩壊を匂わせる発言があり、今後、雇用の流動性が加速していくのではないかと考えられます。

そういった中で、収入源を1つでも増やすため、副業を始める人も急増するのではないでしょうか。

そこで今回は、これから副業を始めるなら間違いなく『ストック型副業』がいい理由について語っていきたいと思います。

ストック型の収入とは

皆さんは「ストック型の収入源」を持っていますか。

と言われても、ストック型の収入とはなんだ?って思う人もいるかと思います。

ストック型の収入とは、自ら生産したものがストック(積み上がる)されていき、その生産物が継続的な収入を生むものです。

例えばストック型の収入には次のようなものがあります。

  • 本の出版
  • 作詞・作曲
  • 開発アプリのリリース

などです。

どれも自らが生産したものであれば、売れるたびに収益が発生するものですよね。

つまり、本も曲もアプリも生産すればするほど、その生産物は積み上がっていき、そこから生まれる収益も比例して増していくのです。これがストック型の収入となります。

そして、そんな収入を副業で作ることが「ストック型副業」なのです。

ストック型ビジネスは誰でもチャンスあり

とはいえ、「いやいや、無理でしょ。そんな創作力やクリエイティブな能力なんてないし…」と思う人がほとんどですよね。

しかし時代は、「1億総クリエイター社会」です。

今ではちょっとの勇気と行動力があれば誰でも自己表現でき、それを世に生み出していけることができるわけです。つまり、簡単にストック型の収入を作れる可能性があるということ。

では、誰でも始められるストック型の副業には何があるのか。

例えば、

  • ブログ運営
  • YouTubeチャンネルの運営
  • オンラインサロンの運営

などが、そうだと思います。

ブログやYouTubeチャンネルがなぜストうjック型の収入になるのか?

と、そう思った人いますよね。

なぜ、これらがストック型の収入になり得るかというと、例えばブログであれば記事を書けば書くほど、それらの記事が積み上げられそこから継続的に収入が生まれる可能性があります。

僕の今まさに書いているこのブログもそうです。今まで200記事弱ほど書いてきましたが、この積み上げてきた約200もの記事がまさに僕のストック資産なのです。今でも1年以上前に書いた記事がよく読まれますし、そこから収益が発生しています。

 

また、YouTubeチャンネルの運営もストック型資産になり得ます。

YouTubeチャンネルを開設して、発信した動画がストックされていけば、過去の動画から収益が発生する可能性が出てきます。

オンラインサロンは少しハードルが高いかもしれませんが、自分が運営するサロンのメンバーが増えれば増えるほど、月額料金がストックされていきます。

と、いった感じで、お気付きの人も多いと思いますが、ストック型副業の最も魅力的なところは、一度作り上げたもの(生産したもの)から継続的に収入が生まれる可能性があるという不労所得に近い収入が得られることなんですよね。

時給脳を捨て、ストック資産を作ろう

どうしても人は、「何時間でいくら稼げる」とか「時給に換算すると…」など、いわゆる時給脳になりがちなんですが、それだといつまで経っても働き続けなければいけませんよね。

そうではなくて、働き始めた数週間、あるいは数ヶ月はほとんど収入がなくても、何年も経つと「何もやらなくても勝手に収入が入ってくる!」なんて夢のような可能性のあるものがストック型の働き方であり、それを副業とすることがめちゃくちゃオススメなんですよね。

今回ご紹介したストック型ビジネスはほんの一例で、他にもまだまだストック型ビジネスはあると思います。

今後どうなるのかわからない社会や経済だからこそ、数年後を見据えた働き方をすることが大切だと思います。でも、いきなり仕事をやめて収入がなくなるのは辛いですよね。だからこれから急増するであろう副業をする人に向けたメッセージとして、ストック型ビジネスをオススメしました!

ご参考までに!ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です