職場に馴染めない人の3つの原因と対策

職場というのはさまざまな感情が交錯する場所です。なぜなら社会は縦社会で、いろんな年代の人たちが集まる職場では、気を遣ったり遣われたり、貶したり貶されたりと、色んな感情が渦巻いることと思います。

そんな中、うまく立ち回ることができずに、職場に馴染めず悩んでいるという人も少なくないのではないでしょうか。

今回は職場に馴染めず悩んでいる人の救いとなる記事にできればと思っております。ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

馴染めない原因を考える

なぜ馴染めないのか考えたことはあるでしょうか?

原因がわかり対策できれば今より状況はよくなるかもしれませんよね。

主な原因としては次の中にあるではないでしょうか。

原因1.「自己開示ができていない」

まず一つが、自己開示ができていない人です。つまり、自分はこういう人間であるということを周りの人たちに伝えられていないということ。

人は、相手のことを知らなければ心の距離は縮まりません。人間関係はお互いがお互いのことを知れば知るほど深まっていきます。

そんな自己開示ができず自分をオープンにできていない人は、ちょっとずつでもいいからみんなに知ってもらいましょう。

自分のことであれば、性格でも、いまハマっている事でも、最近起きた出来事でも、なんでもいいと思います。とにかく相手に自分はこういう人なんだということが伝われば、必ず今よりも心の距離は縮まると思います。

とはいえ、もともと自己表現が苦手であまり自分を出せない人が、いきなり皆んなに対して自分のことを話すのも億劫ですよね。最初は、一番話しやすい人から話せば、その人が皆んなの前で話題を振ってくれるようになるかもしれません。そのように自分をどんどんオープンにしていくことで馴染める環境へと変わっていくことでしょう。

 

自己開示についてこちらの記事で詳しく書いてますのでよろしければどうぞ→仲良くなりたい相手と距離を縮める方法

原因2.「距離感がつかめていない」

初対面なのに、やたら馴れ馴れしかったり態度が失礼であったりする人いませんか?そして大抵こういう人って嫌われるか、距離を置かれますよね。これって結局他人との距離がつかめていないから嫌われてしまうのです。

親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、親しい相手に対しても節度を持って接することが大切であるように、人間関係はお互いが心地いい距離感を保つことが重要なのです。職場の人であればなおさらですよね。

同僚に友達感覚で接していたり、上司に馴れ馴れしい態度を取ってしまっていたりと間違った距離感で接していませんか?

もしそうであれば、それが原因で職場に馴染めていないのかもしれません。少し、自分の接し方なり態度なりを振り返って戒めることが必要です。

結局、先の自己開示ができていないことにも繋がりますが、遠すぎず近すぎず、お互いにとって心地いい関係を築くことが重要なんですよね。

原因3.「仕事ができていない」

最後に考えられる原因は、仕事ができていないことです。

職場に何しにいっているのか聞かれたら当然、仕事ですよね。遊びにいってるわけでも職場の人と話しにいってるわけでもありません。仕事ができないと、周りに迷惑をかけたり、足を引っ張ってしまうことがあります。そうなると、仕事ができない人に対して不満が募るようになります。

仕事のできるできないの判断は人によって違います。自分はできていると思っていても周りからみるとそうでもないかもしれませんよね。一度心当たりがないか振り返ってみて、もし原因として考えらるなら仕事に対する姿勢を改めてみる必要があるかもしれません。

それでも改善しなければ「転職」も視野に

さて、ここまで職場に馴染めない原因について3つ考えてみましたが、当てはまりそうなところはありましたか?

もしあれば、改善の余地はあります。ただ、改善してみても状況がよくならなければ、あなたの職場自体に問題がある可能性もあります。いろんな職場、いろんな人がいますからね。必ずしもあなたが悪いというわけではありません。

職場自体に問題がありそうなら、転職も視野に入れることをお勧めします。もし、転職を検討されているなら、とりあえず転職の第一ステップ「転職サイトの無料登録」から始めましょう。

転職サイトに登録だけしておけば、他の仕事へのアンテナが張れますからね。

オススメの転職サイトは「リクナビNEXT」です。

【無料登録はこちらから↓↓】

20代向け

あなたの今後がよりよくなることを願っております!

関連記事:職場でストレスを抱える若者たちへ伝えたいこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です