「もしかして社会不適合者?」と思った人が、まずやるべき事【診断】

本記事はこれから社会人を迎える学生の方にぜひお読みいただきたい記事である。

今までの人生を振り返って、

「それでは社会では通用しないぞ!」

「社会はそんなに甘くないぞ!」

と、大人から叱責されたことないだろうか。

もし、言われたことあるという人は、要注意。最近、よく耳にするようになった“社会不適合者”という可能性が…。

本記事ではそんな「社会不適合者とは何なのか?」また「もし自分がそうだとしたら今のうちから取り組めることはないのか?」について解説していく。

社会不適合者とは

社会不適合者とは、

社会の要求に応えて生活することが困難な者。社会に適合できない人。うまくやっていけない人。

と、weblio辞書には記載がある。

つまり、社会とは自分の好き嫌いの都合で人を選べない集団生活の場であり、そんな集団生活においてうまくやっていけない人のことである。

すでに社会に出ている人であれば、ある程度、自分が社会不適合であるかどうかは理解していると思う。仮に自分が社会不適合者とわかれば、自分に合う仕事を求めて転職をしたり、独立してフリーランスになり起業したり、はたまた同じ環境でもがき苦しみながら耐え続ける、など選択肢が出てくる。

しかし、学生はというと、親の管理下にありアルバイトなどを通して多少の社会を知っても本当の社会はまだ知らない。また、嫌いな人がいれば関わらなければいいし仕事が嫌ならアルバイトをやめればいい。そんな風にある程度の自由をきかせることができるのが学生である。

しかし、就職とともに本当の社会に出ればそんな食わず嫌いは通用せず、時間の経過とともに自分が社会不適合であるかどうかわかってくる。

冒頭にもお伝えした通り、もし今までの人生の中で、「社会では通用しないぞ!」「社会はそんなに甘くないぞ!」と言われたことがある学生さんがいるとしたら、これから社会に出たら苦労するかもしれない。

そこで、次の項では、社会不適合者の可能性のある人が今のうちからできることについて解説する。

才能を発見して才能を伸ばす

社会不適合者の可能性がある人が今のうちからやっておきたいことの一つが、「才能を発見して才能を伸ばす」ということだ。

どういうことかというと、今の時代インターネットを使って仕事をするのは割と当たり前の時代になった。

例えば、インターネット上で依頼したい仕事を募集するクラウドソーシングなどのサービスがある。

その代表的なサービスが、クラウドワークス 【Freelance Basic by ランサーズ】 である。

ぜひ、上の公式ページから募集されている仕事内容をざっくり見てほしい。きっと様々なジャンルから多くの仕事が募集されているはずだ。

つまり何が言いたいかというと、今はインターネットで仕事を受注して食っていける時代。だから早いうちから仕事に生かせる才能を見つけて伸ばすことに注力しておこう。ということ。そして、インターネットで食っていけるようになれば自然と社会に出る機会も減り、自分が不適合者であるという自覚も薄れていくはずだ。

準備は早いに越したことはない。まずは自分の才能を見つけることから、そしてその才能を伸ばすことに尽力しよう。そして、上記のクラウドソーシングサービスに登録し、どんな仕事があるのか、アンテナを張っておくことも大切だ。

「才能なんてない」と嘆く人は

とはいえ、「そもそも自分になんか才能なんてない。」と嘆く人もいると思う。

そんな人に問いたい。あなたは自己分析に自己分析を重ねて才能を見つけようとしただろうか。

人は必ず何か他人より優れた才能を持っていると思う。そして才能がないと思っている人はその才能に気づいていないだけ。ぜひそんな人に試してほしいのが「ストレングスファインダー」である。ストレングスファインダーとはネット上で質問に答えていくだけで自分の強み(資質)がわかるという自己診断ツールである。社員教育として取り入れている大企業もあるらしい。

まだやったことがないという人はぜひ活用してみることをオススメする。きっと仕事に生かせる自分の才能を開花させてくれるに違いない。「才能なんてない」と嘆くのはストレングスファインダーを実施してからだ。

まとめ

以上、「社会不適合者の意味」と、「社会不適合者の素質がある人が今からやっておくこと」について解説した。

あなたは、心当たりがあっただろうか。

かくいう僕も高校時代、教師から「社会はそんなに甘くない!」と叱責されたことがあった。当時は、「そんなわけない。社会に出たらうまくやっていける」なんて軽い気持ちで思っていたが、あながち間違いではなかったということに社会に出てみてから気付いた。

不安に思っている人でも社会に出てうまくやっていける人も多いと思う。でも不安な気持ちが少しでもあるならスタートは早いに越したことはない。ぜひ、本記事がそんな方々の参考になれば幸いである。

業界未経験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です