レッドオーシャンの中で生き残れ!「1万人に1人の存在」になる法則

人は日々、他人との競争の中で生きています。

受験戦争、出世競争、恋愛などなど、思い返せば日々、何かと争って生きているのではないでしょうか。

本記事では、そんな競争の中で競り勝って成功を収める方法についてお伝えしていきます。

レッドオーシャンで競り勝て!

ビジネスで例えるなら、「お金が儲かる」ところには人が集まります。いわゆる熱い大きな市場、それが「レッドオーシャン」です。

何においても成功したくば、このレッドオーシャンで競り勝つ必要があります。

レッドオーシャンで競り勝つ為には、上位ごくわずかな人間にならなければなりません。

つまり、「100人に1人の存在」「1000人に1人の存在」というように、より希少価値の高い存在になることが必須であり、例えるなら自らを「レアカード」にする必要があるのです。

「1万時間」を費やし「100人に1人」の存在になる!

それでは、どうやって自らを「レアカード」にするのか。

それは、とことん時間を費やすことです。

人は、ある物事に「1万時間」という時間を費やすと「100人に1人」の存在になれると言われています。

100人に1人の存在になることができれば、上位1%の人間になり自らのレアカード化に成功したといえます。

しかし、いきなり「1万時間やれ」と言われても漠然としすぎてやる気が起こるわけがありません。

そこで、具体的に1万時間とはどれだけの日数がかかるのでしょうか。

人がだいたい1日にこなす労働時間を7時間と仮定すると、

  • 7時間×365日=2,555時間/年
  • 10,000時間÷2,555時間=3.9年

となり、1日7時間費やしたとしたら約4年で1万時間に到達します。

つまり、毎日7時間を費やすと、4年で1万時間に到達し100人に1人の存在になれるというわけです。

「100人に1人」から「1万人に1人」へ

しかし、レッドオーシャンの中で生き残るには、100人に1人レベルではまだまだです。

仮に、500万人という激戦市場の中で100人に1人の存在になったとしても、500万人の1%なので、ざっと5万人ほどは自分と同等かそれ以上の実力の者がいるということです。

そこからさらに抜きん出るには、当然のことながら、さらに価値を高めるべく「1000人に1人」「1万人に1人」の存在へとなる必要がありますよね。つまり、レアカードをさらに磨き上げ、スーパーレアカードへとする必要があるのです。

しかし、ニッチな市場である「ブルーオーシャン」であれば100人に1人の存在で十分高みへいけると思いますが、今回は成功を前提としている為、熱い市場である「レッドオーシャン」は必須です。

レッドオーシャンで稼ぐことはそう甘くはありません。

このレッドオーシャンで成功する為には、「100人に1人」どころではなく「1000人に1人」もっと言えば「1万人に1人」にならないといけないのです。

 

では、1万人に1人の存在になる為にはどうすればいいのか。

それは、才能を磨くことです。

 

例えるなら、1万時間を費やして「基礎戦闘力」がMAX状態であるところから、自分が持っている才能や強みという「武器」を磨くことによって、100人に1人以上の存在へと価値を高めていくのです。

そしてそんな武器を2つ、3つと作っていけば自ずと「1万人に1人」という存在に近づいていけるわけです。

才能発掘ツール「ストレングス・ファインダー」

自分の強みや才能を知っていますか?

また知っているとしたら最大限に発揮できていますか?

自分の才能を知るなら「ストレングス・ファインダー」という才能診断ツールがオススメです。

きっと隠されし自分の才能を発掘できますよ!

まとめ

今回のまとめ
  1. 「成功」する為にはレッドオーシャンの中で必勝しなければなりません。
  2. そのためには、「100人に1人」から「1000人に1人」、「1万人に1人」と自分の価値を高めていく必要があります。
  3. そして価値を高めるための方法として、1万時間という時間をコツコツと長い年月をかけて費やすこと、またそれと同時に自分が持つ武器(才能)に磨きをかけて「1万人に1人」の存在へと近づいていくことが大切。
  4. さすればレッドオーシャンという荒波の中で勝つことができ成功を収めることができるでしょう。

という話でした。

いかがだったでしょうか?

道のりは長いですが、成功には努力は必須です。

地道にコツコツと頑張っていきましょう!

ではでは!!

関連記事

▶︎ストレングスファインダー2.0から学ぶ「才能を生かす大切さ!

▶︎ニッチ戦略を使って弱者が強者に勝つ方法とは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です