“理解するだけ”で、人間関係が楽になる3つのコト

本ページを開いたあなたはきっと日々の人間関係に疲れていることだと思います。

そして、何か少しでも人間関係を楽にする情報はないかと探しているところではないでしょうか。

もしそうだとするなら本記事を読んで少しでも楽になれれば幸いです。

人間関係を楽にする3つの理解

人間関係を楽にする3つの理解として、

  • 人間の3つの特性を理解する
  • 2:6:2の法則を理解する
  • 人間の承認欲求を理解する

です。

一つずつ解説してきます。

人間の3つの特性を理解する

これは人間には大きく3つの特性に分けられるということです。

それは、

  • 共感性
  • 論理性
  • 創造性

の3つの特性です。

各特性の割合は人それぞれ違いはあるかと思います。

例えば、「共感性6:論理性2:創造性2」という人もいれば、「共感性1:論理性:8:創造性1」という人もいるかと思います。

そこで、考えて欲しいのが、共感性がすごく高い人と論理性がすごく高い人の気が果たして合うのかということです。

おそらく共感性が高い人は論理性が高い人に対して「共感してくれるだけでいいのに、理屈立ってて話しづらいな」と思うでしょうし、反対に、論理性が高い人は共感性が高い人に対して「感情的でウマが合わないな」と思っている可能性が高いと思います。

まぁ、実際それをお互いが口に出さなくても思ってしまうだけで、仲良くはならないと思います。

つまるところ、人間には3つの特性があるため、気が合う人合わない人がいて当たり前ということです。

そして、これを理解し自分がどの特性が強いのか理解すれば、今後、同じ特性の人を見つけて接するようにすれば、人間関係による疲れも軽減できるのではないかと思います。

「2:6:2の法則」を理解する

続いて、2:6:2の法則ですが、

これは、自分のことを好きな2割の人、特に何も思っていない6割の人、嫌いな2割の人にだいたい分けられるというものです。

法則については詳しくはこちらの記事をご覧ください→人間関係で悩む人を救う「2:6:2の法則」について。

今の人間関係の環境を思い浮かべてみていかがですか?

だいたいこの2:6:2の割合で、自分のことを好いてくれている人、どうでもいいと思っていそうな人、嫌いだろうなって思っていそうな人に分けられませんか?

多少の誤差はあれど、だいたいの人がこの割合だと思います。

それもおそらくは上記の3つの特性が起因して合う人合わない人の統計的なところからこの割合になるのでしょうか。

と、割合の話はさておき、いずれにしても自分のことを好きでいてくれる人がいれば嫌いでいる人も必ずいるということです。

人間関係で疲れてしまう人というのは、きっと、この嫌われている人に対して目が向きがちなのだと思います。

ですので、この法則を理解して嫌われている人ではなく、自分と気の合う好きでいてくれる人に対して目を向けることが重要であると思います。

人間の承認欲求を理解する

最後に、人間が持つ承認欲求というものを理解することです。

承認欲求については当ブログにおいて何度も語ってきましたが、簡単にいうと人から認められたいという欲求です。

この承認欲求があるがあまり、人から何かひどいことを言われたり、見下されるようなことを言われたりすると傷ついてしまうのです。

また承認欲求を求めるあまり常に自分の存在意義を確かめるようになり、その結果、過剰に人間関係に疲れてしまうということが起きてしまうんですね。

承認欲求を捨てて、今自分がやるべきことをただこなす毎日というのが人間関係で疲れない秘訣なのですが、なかなかそういうわけにもいきません。

しかし、人には他者から認められたいという承認欲求があるということを理解するだけでも大きく違うと思います。

なぜなら、人から何か傷つくこと、見下されるようなことを言われても「あぁこれは承認欲求が満たされていないからだ」と、「そんな周りからどう思われるかの欲求より、今何をすべきか自分のために動こう」と自分を前向きに動かすことができるようになるからです。

まとめ

といった具合に、理解するだけで人間関係が楽になる3つのことについて解説してきました。

いかがだったでしょうか。

重要なことは、結局人間関係、気の合う人気が合わない人がいて当たり前ということで、気の合わない人に目を向けるのではなく、気の合う人に目を向けてうまく人間関係の世の中を渡り歩いこうということです。

人間関係でショックなこと、疲れるようなことが起きても、それを解決してくれるのは気の合う仲間や友達などの人間関係です。

今一度、人間関係についてじっくり見つめ直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です