後悔しない生き方について

こんにちは、よすです。

はじめに

皆さんは日々、後悔しない生き方をしていますか?

『後悔』とは読んで字のごとく『後になって悔やむ』ということです。

「あー、あのときこうしていればよかった」、「もっと早くやっておけばよかった」と思うことこそがまさに『後悔』です。

この後悔をすることが少ないほど、満足いく人生を送り充実できるのではないかと思います。

それでは、「後悔しない生き方」をテーマに、「後悔しないためにできる3つのこと」について紹介していきます。 

後悔しないためには

思い立ったら即行動

まずは『思い立ったら即行動』です。

私たちには1日24時間という与えられた時間があり、その時間は限られた資源です。

皆、平等にあるこの資源を無駄にしないためには、行動に移せることはすぐ行動に移すことです。

成功する人は行動力はもちろん、行動に移すスピードも早いです。

考えたことや思い立ったことをすぐ行動に移すので、周りとどんどん差が開いていき成功を手に収めることができるのです。

私たちは当然、人生の中で生きている『今』が、最も若い時です。

人生の中で最も若い『今』という時間を無駄にせず、どんどん行動に変えていきましょう。

失敗を恐れない

次に『失敗を恐れない』ことです。

後悔する人の特徴として、「行動力がない」「消極的」な人が多く挙げられます。

この原因として、「失敗が怖い」「周りにどう思われるのか不安」という気持ちがあります。

しかし、失敗を恐れていては、当然前へ進めません。

成功する人は、失敗を失敗と思いません。

失敗を「成功するための材料」や「成長するために得たもの」と考えます。

大切なのは、『失敗』から学び『成長』することで『成功』に変えていくことです。

このマインドを大切にし、失敗を恐れずどんどん前へ進みましょう。

多くの様々な情報に触れる

最後に『多くの様々な情報に触れる』です。

よく後悔している人の中で「もっと早く知っておけばよかった」という人がいます。

実際にその人がすぐ行動に移せる人でも、情報を知らなければ元も子もありません。

そもそも「なぜ後悔するのか」と考えると、「努力すれば届いた範囲に成功があった」から後悔するのです。

最初から諦めていたことや、絶対無理だと決めてつけていたことに対しては後悔しませんよね。

「もっと早く知っておけばよかった」と後悔するということは、その情報を元に成功を掴めた可能性があったからであり、情報を知る機会はいくらでもあったからです。

『ネット社会』である現代、スマホ1台さえあれば、様々な情報に触れることができます。

インターネットの中には数え切れないほどの様々なコンテンツやツールがあって、わざわざ調べなくても、勝手にいろんな情報が入ってきます。

情報に対する捉え方や価値観は個々人によって違いますが、その情報からヒントを得て、行動に変える人もいます。

後悔しないためには『多くの様々な情報に触れる』というのも一つです。

おわりに

いかがだったでしょうか。

「後悔しないためにどうすればいいのか」について紹介しました。

皆さんも後悔しない人生を送らないためには、

「様々な多くの情報に触れ、失敗を恐れず、思い立ったら即行動」

を大切に!

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です