【成功者の共通点】本気で人生を変えたいならするべき2つのこと

本記事を開いているということはおそらく今の人生に満足していないのではないでしょうか?

何か大きく変わるきっかけがないかと模索している最中ではないですか?

そんな悩みに応えるべく本記事では、本気で人生が大きく変わる2つのことを紹介します。

人生が変わる2つのこと

結論からいうと本気で人生を変えたいなら、

  • 絶望を経験する
  • 誰かに才能を認めてもらう

のどちらかです。

どういうことか具体的に解説します。

絶望を経験する

よくドラマや映画などで、主人公が人生のどん底から這い上がり成功を収めるサクセスストーリーを目にしませんか?

実際に、成功者である起業家や経営者などに聞くと、一度は何千万何億円という借金を抱え、まさに人生のどん底とも言える地獄のような日々を味わったが、現在では成金、大富豪にまで上り詰めたという話もよく耳にします。

このような絶望からの成功は、決して偶然でも運が良かったわけでもなく、必然だったのです。

 

その理由も想像してみればわかるかと思います。

実際に自分が何億円という借金を抱えたとしましょう。

考えたくもないですがそんな状況になったら、それ以上失うものもなく、もう「やるしかない!」って気持ちになりますよね。

人は誰しも、これ以上ないという絶望を味わったときに真の力が発揮されるのです。

 

とはいえ、今借金のない人があえて「借金を抱えて頑張ろう!」なんて成功する確証も全くないし、できるわけがありませんよね。

なので、もう一つの「誰かに才能を認めてもらう」ということについて解説していきます。

誰かに才能を認めてもらう

人生を大きく変えたいなら、「誰かに才能を認めてもらう」ことが非常に大切です。

それは、人は才能を認められることで、さらなる力が発揮されるからです。

 

ではなぜ、さらなる力が発揮されるのか。

それは、才能とは、生まれながらにして他人より優れた力のことで、生まれ持った力ゆえに自覚しづらいものなのです。つまり才能を自覚できていないということは100%発揮できて いないので、いわば宝の持ち腐れ状態なのです。

そのため、自分が持つ才能を誰かに強く認められるほど、才能に自覚が加わり、さらなる力を開放させられるようになるのです。

 

しかしそこで生まれるのが、

「自分に才能なんてないし…」

「他人より優れているところはあるけど才能といえるのか…」

という気持ちではないでしょうか。

 

とはいえ、自分の心の中でグルグル回っていても仕方ないので、周囲の人に恥ずかしげもなく自分の優れているところを聞いてみるのも大切だと思います。

それでもどうしても「自信がなくて聞けない」という人はコンテストやコンクールなどに応募してみるのも一つの手だと思います。

コンクール、コンテストなどであれば、見ず知らずの審査員の人が自分のことを客観的にみて評価してくれます。なんの先入観もなくフラットな目で自分のことを見てくれるので、才能や長所を発見しやすいのではないかと思います。

今まで、気づかなかった、あるいは薄々気づいていたけど才能と呼べるものなのだろうか、などといった自分の才能に他者が認めてくれたときのパフォーマンスはきっとかなり向上するはずです。

自信が確信となり才能が発揮されたとき、人生は大きく変わるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です