ジャネーの法則から教わる時間の大切さ!

こんにちは、よすです。

 

年齢を重ねるにつれ時間のすぎる速さがどんどん早くなっていく

おそらく誰もがこんなことを感じたことがあるかと思います。

この現象には、れっきとした心理的現象が関わっており、それは「ジャネーの法則」と言われるものです。

本記事では、「ジャネーの法則」から時間の大切さを学んでいきたいと思います。

ジャネーの法則とは?!

まずジャネーの法則とはなんなのか。

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。ジャネの法則とも表記する

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

引用元:Wikipedia

 つまり、ジャネという人が発案した法則で、歳をとればとるほど体感する時間は早く感じるということです。

この法則に則ると、体感的に人は20歳で人生の半分を終えているということに。。

なんとショックすぎる事実!!

たしかに、20歳を過ぎてから「もうあれから〇年かー」というような会話をすること、よくありませんか?

毎年地元に帰るたびに友人とそんな会話をしてる気が…

このままでは、あっという間に30代に入り40代が過ぎ50代となり60代の定年を迎え、老後の生活に。。。

「こんなんだったらジャネーの法則なんて知らなければよかった!!」

とは言わず、せっかくの一度きりの人生なので、ぜひ「ジャネーの法則」から時間の大切さを学びましょう!

なぜ大人になると時間が早く感じるのか

では、逆になぜ子どものころは体感時間が長く感じるのでしょうか?

それは、やはり未経験かつ新鮮な出来事が多いからではないでしょうか。

大人になるとどうでしょう。

歳をとっている分、やはり大抵のことは過去に経験したことばかりで、さほど新鮮味を感じることはないかと思います。

また、就職し働くようになると、毎日が同じ通勤路、同じ仕事(ルーチンワーク)で同じ繰り返しばかりですよね。

 

要するに大人になると、子どもの頃に感じていた新鮮さというものが薄れ、同じ繰り返しばかりの生活でマンネリ化してしまうということです。

その結果、時間が過ぎるスピードも加速度的に早くなっていってしまうってことだと僕は思います。

休日に一日中家でゴロゴロしていたら気づけば夜だった。っていうのも日常過ぎて目新しいことがないが故に早く感じるのですね。

体感時間を長くするために

それでは、体感時間を少しでも長くするにはどうすればいいのか。

やはり先ほどからお伝えしている「新鮮さ」=「新しいこと」を生活に取り入れましょう。

 

新しいこと=未経験なことになりますので、その時間というのは貴重な経験であり、体感時間を長くする一つの要因になると思います。

僕も1日に1回はなんでも良いから新しいことをするように心がけています。

例えば「行ったことのないお店に入ってみる」とか「知らなかったジャンルについて少し調べてみる」とか。

そうした些細なことでも1日1回であれば単純計算、1年で365回。

365回分の新しい発見や気づきが得られ、未知の体験に繋がっていくのだと思います。

まとめ

以上、ジャネーの法則について紹介いたしました。

まとめると、

  1. 「ジャネーの法則」は歳をとるにつれ時間のすぎるスピードが早くなっていく
  2. 早くなる要因に、「新鮮さがなくなる」「同じ繰り返しでマンネリ化してしまう」が挙げられる
  3. 早くなることを防ぐためには、日々「新しいこと」をして体感時間を長くしよう。

という話でした。

くれぐれも「気づけばもうこんな歳だった…」とならないように日々新しいことを取り入れて充実した人生を送っていきましょう!

 

ではでは。

関連記事:時間を有効活用する上で大切な3つのタイムマネジメント法を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です