言いたいことを言うことの大切さについて

こんにちは、よすです。

 

タイトル通り、言いたいことを言うのってすごく大切ですよね。

でも、言いたいことを言うことって簡単そうで実は難しかったり。

実際、若い人(特にゆとり世代)には、言いたいことがあっても言えないっていう人が結構多い気がします。

これには「その人自身の性格」が大きく関係しているんじゃないかなと思いますが、

そんな人達からすると、「言いたいことが言える性格なら悩んじゃいないよ !」って感じですよね。

でも、性格だからといって、言いたいことを言うことを諦めていませんか?

もしそうだとすると、今後ずっとストレスを溜め込みながら生きていかなければいけませんし、「ストレスは万病の元」と言われるように寿命すらも縮めかねません

そんなこと絶対嫌ですよね?

だとしたら、今すぐにでも言いたいことを言える性格になってしまいましょう

ずっとついて回る悩みなら早めにちゃっちゃと解決した方が絶対いいです!

 

しかし、「もともとそのような性格じゃなければ簡単に言えるものでもない」というのは先ほどお伝えしました。

ではどうすればいいのか。

まずは「言いたいことが言えない原因」から考えてみましょう。

言いたいことが言えない原因

言いたいことを言えない原因として次のことが考えられます。

原因
  • 「上手く言えないとどうしよう」と考えてしまう
  • 周りの反応が怖くて言えない
  • 「相手を傷つけてしまうのではないか」など相手のことを気遣いすぎてしまい言えない
  • 単純に言葉が見つからない

きっと、こんなところではないでしょうか。

かくいう私もあまり言いたいことを言える性格ではなく、決まってこのような気持ちが脳裏をよぎり言葉が出てこないという場面が多々ありました。

しかし、ある日の出来事を境に徐々に言いたいことが言えるようになっていきました。

その出来事とは、上司からのひどい暴言でした。

深く傷ついた僕は、そのときに思ったんです。

「周りに気を使い言いたいことすら言えず、暴言を吐かれるくらいなら、言いたいことを言って吐かれる方がマシだ」と。

その日から「言いたいことを言おう!」と決心し、自分の気持ちを表面化できるよう努力しました。

そして、今では言いたいことを言えるようになり、当初、性格のせいだと諦めていたことが案外こんなにも早く治ってしまうのかと驚いているくらいです

 

それでは、言いたいことを言えるようになるために実際どういったことを実践したのかをお伝えしていきます。

言いたいことを言えるようになるために大切なこと

まず、大切にしたことは3点です。

チェック
  1. 周りからどう見られているのか気にしない
  2. 上手く言おうとせず口下手で全然OK
  3. 自分の感情に素直に喋る

以上の3点だけをとにかく意識するようにしました。

 

結構すでに悩んでいる方は割と当たり前のことで、ここまで考えが及んでいる人も多いかと思います。

「そんなこと分かってて悩んでるんや!」という人もいるかと思います。

しかし、とにかくこの3点を意識することがめちゃくちゃ重要なんです。

なぜなら、言いたいことが言えない人ってハッキリ言うと、単なる自意識過剰なんですよね。

「周りからの目や反応が気になる」「上手く喋れなかったらどうしよう」なんていう気持ちは、全て自分の事を考えているからこそ思う気持ちなのです。

つまり、完全に、意識が「相手」ではなく「自分」に向いているということ。

そりゃあ、会話中に意識が自分に向いてしまっていては周りの目を気にしすぎるのも当然ですよね。

「これを言ったらどういう反応をされるのか」「恥をかかないか・・・」

という思考になっているわけですから。

 

  • 上手く喋れなくても全然OK!
  • 自分の感情に素直に思ったことをそのまま話す!
  • 言葉に詰まっても言いたいことが相手に伝わればそれで問題なし!

 

とにかく意識することはこの3つです。

 

周りは自分が思う、遥か予想以上に、誰も自分のことなんて考えていません。

結局、誰もが一番可愛いのは「自分自身」なのです。

だから、相手に気を遣いすぎて言いたいことが言えずストレスを溜めるなんてことは本当にもったいないことなんですよ。

そう考えると、すごく小さなことで悩んでいるなって思えてきませんか?

そう思えてきたならきっと大丈夫です。

最初は、なかなか変えることはできないと思います。

しかし、意識をし続けることでいずれ変わってきます。

 

なんども繰り返しますが、

とにかく!!
  • 周りの目は気にしない。
  • 口下手でも全然OK!
  • 自分の感情に素直に。

です。

最初は意識していてもどうしても忘れてしまうと思いますから、日々この3つを呪文のように唱え、意識に刷り込みましょう

グッドポイント

言いたいことを言えるようになる為の「一冊」

僕は、言いたいことを言えるようになる為のマインドとして、ベストセラーにもなったアドラーの「嫌われる勇気」という本が大変参考になりました。

まだ読んだことがない人はきっと変化があると思います。

これは読むべき一冊です!

言いたいことを言える人生に

言いたいことを言うのって本当に人によっては難しいですよね。

上司や先輩など目上の人ならなおさら。

でも、言いたいことが言えずストレスを溜め込んでしまった挙句、心や体を壊してしまっては元も子もありません。

もちろん「全て思ったことを言っていいか」と言われれば、そうではありません。

しかし少なくとも、本記事をここまで読んでいただいているような方は、思ったことや感じたことを素直に言うくらいがちょうど良いのかなと思います。

 

言いたいことを言って失敗してもいいと思います。

ただ、言いたいことがあるにも関わらず言えずにストレスを溜め込むような人生を僕は歩みたくありません。

松下幸之助の「2:6:2の法則」が深い。“人間関係で悩む人を救う法則”

2018.05.14

職場環境が原因で言いたいことが言えないあなたへ

もし、上司や先輩といった「職場環境が原因」で言いたいことが言えないと感じている方は、環境を変えてみることも大切だと思います。

長い人生、たった1つの場所、たった1人の人間に対して頭を抱えるのもバカみたいです。

本記事で解決できるようなレベルではない悩みであれば、転職することを強くオススメします。

20代向け

合わせて読みたい記事

会社に行きたくない。日曜夜が憂鬱。そんな気持ちとはおさらば!

2018.05.30

ウザい上司の特徴&ストレスでうつになる前の対処法

2018.05.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です