【人付き合い苦手な人必見】人付き合いに疲れる原因と対処法を紹介!

こんにちは、よすです。

 

「人付き合いにはもう疲れたよ・・・」

そんな思いで日々過ごしていませんか?

人付き合いとは生きていれば必ずと言っていいほど付いて回るものですよね。

そのため「人付き合いに疲れた」と思っても、継続的に人付き合いから逃れることはできません。

本記事はそんな人付き合いが苦手な人必見の、「人付き合いに疲れる原因と対処法」について紹介していきます。

人付き合いに疲れる原因

人付き合いに疲れるには必ず原因があります。なぜ人付き合いに疲れるのかを掘り下げて考えていきましょう。

内向型タイプ

まずは、内向型タイプの人は人付き合いに疲れる傾向にあります。

人と会うことで元気が出る外向型タイプの人とは対照的に、人と会うことで緊張したりストレスが溜まる内向型タイプの人は、人付き合いに疲れやすいでしょう。

これはもともとの性格が大きく影響しており改善し難い原因となるので、人と接する時間を工夫して減らしていく必要があると思います。

合わない人と無理に付き合っている

反りが合わない人とも無理に付き合ってしまい、結果、人付き合いに疲れてしまうケースですね。

人の性格は十人十色で、自分と合う人もいれば合わない人がいるのは当然です。

もちろん自分と合う人だけとの付き合いならストレスもなく疲れることもないですが、周りにはそんな人ばかりではありませんよね。

そんなとき、程よい距離感を保てるようであればいいのですが、嫌われることに過敏に反応する人などは、合わない人とも無理に付き合うことで疲れてしまっていると思います。

自分を大きく見せようと背伸びをしている

人には周りから認められたいという「承認欲求」が備わっています。

この承認欲求を満たすため、本来の自分よりも「よく見せよう」「デキると思われたい」という気持ちから背伸びをしてしまいがちです。

まぁ大きく見せようとする事は、承認欲求に関わらず競争社会の日本では当然っちゃ当然かもしれません・・・

しかし、背伸びをしてしまうことで、常に本来の自分よりも大きく見せようと頑張ってしまうため、気疲れしてしまい結果として人付き合いに疲れる原因となってしまうのです。

誰からも好かれたい八方美人なタイプ

誰からも好かれたい八方美人タイプの人は、人付き合いに疲れる傾向が強いでしょう。

「好かれたい」という気持ちは、反対に「嫌われたくない」とも言えます。

誰からも嫌われず好かれようとすると、周りの反応が気になったり自分の発言にいちいち気を気を使わなければなりません。

また、先ほども述べたように反りが合わない人とも無理に付き合ってしまう傾向があるので八方美人タイプの人は真っ先に人付き合いに疲れるのではないでしょうか。

人付き合いに疲れる人が取るべき対処法

では、そんな人付き合いに疲れる人たちはどうすればいいのでしょうか。

ここからは人付き合いに疲れる人が取るべき対処法について紹介していきます。

人と会わない

まず、人付き合いに疲れたと思ったら、シンプルに人と会わないことです。

「人付き合いに疲れた…」と思っている今、まさに人と接することに疲れている状況ではないでしょうか。

そんなヘトヘトな状況から回復するためには、シンプルに人と会わないこと。いわば、「心の充電期間」を取ることが重要です。

誰とも会わず一人の時間を楽しむことで、しっかり心と精神を回復させ充電する時間や期間を設けましょう。

合わない人とは距離を置く

反りが合わない人とは距離を置くようにすることが人付き合いに疲れないためには必要です。

もちろん、合わない人とも付き合わなければいけないことは多々あります。

しかし大切なのは、「関わらないようにする」のではなく「距離を置く」こと。

反りが合わないからこそ「嫌われないように」とか「好かれるために」という思いで、過剰に接していませんか?

もし、合わない人に対し、あえて過剰に接してしまっていたら、少し距離を置くことを意識してみてはいかがでしょうか。

背伸びをしない

背伸びをしないことも重要なポイントです。

本来の自分よりも大きく見せようとして背伸びをしてしまうと、必ず気疲れする原因になってきます。

背伸びせず、ありのままの自分をさらけ出して、自然体でいられる人と関わりを持つようにすると人付き合いに疲れることもなくなるでしょう。

断る勇気を持つ

ご飯の誘い、飲み会の誘い、イベントの誘いなど、人付き合いにおいて何かに誘われるというケースは非常に多くありますよね。

そんなとき、「せっかく誘われたから。」「断るのも申し訳ないから。」という思いで、決して乗り気でもないのに行ってしまうと人付き合いの疲れが一気に加速します。

人は心理上、「断る」という行動に対してストレスがかかるため、ちょっとしたことなら「OK」してしまうという心理的現象があります。

断るというほんの少しのストレスのために乗り気じゃない飲み会などに参加してさらに大きなストレスを受けては本末転倒もいいとこです。

人付き合いに疲れないためには、断る勇気を持ちましょう。

嫌われる勇気を持つ

そして断る勇気と共に、嫌われる勇気を持つことも大切です。

先ほど、人付き合いに疲れる原因の中に、誰からも好かれたい八方美人なタイプを挙げました。

誰からも嫌われたくない気持ちから生まれる八方美人な性格の人は、人付き合いにおいて日々消耗しているはずです。

誰からも嫌われないということは誰からも好かれないことと同じです。

ありのままの自分を出して嫌われてもいい気持ちで人付き合いをすると、予想以上に人付き合いが楽になるものですよ。

嫌われる勇気を持つ為には、ベストセラー本のアドラーの教えをご参考に⇩

まとめ

いかがだったでしょうか?

あなたは何個当てはまりましたか?

当てはまる原因の数が多いほど人付き合いに疲れる傾向が強いと言えます。

ぜひ本記事で紹介しました対処法をご参考いただき、少しでも人付き合いによるストレスを軽減いただければ幸いです。

最後に、人付き合いに疲れる原因と対処法を振り返っておきましょう。

原因

内向型タイプ

合わない人と無理に付き合っている

自分を大きく見せようと背伸びをしている

誰からも好かれたい八方美人なタイプ

対処法

人と会わない

合わない人とは距離を置く

背伸びをしない

断る勇気を持つ

嫌われる勇気を持つ

以上、人付き合いに疲れる原因と対処法でした!

人付き合いが苦手な人のお役に立てれば幸いです。

ではでは!

関連記事:仲良くなりたい相手と簡単に距離を縮める方法を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です