人生成功への近道は「複利」の力を最大限に活用すること!【複利効果】

こんにちは、よすです。

 

「複利は人類史上最大の発見である」

 

かの有名な物理学者である、アインシュタインがこう言ったように、

複利の効果をしっかり理解して最大限に活用することができれば人生を大きく変えられると考えています。

そこで今回は、「複利とはなにか」から「複利による効果」など、『複利』について詳しく解説していきます。

複利とは

複利(ふくり)とは、複利法によって計算された利子のこと。複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。したがって、各期の利子が次第に増加していく。投資借金などでは、雪だるま式に利子が増えていくことになる。重利(じゅうり)とも。 引用元:Wikipedia

と、Wikiにはこう記されています。

簡単にいうと、投資にしろ借金にしろ元金への利子に対してつく「利子」のことを「複利」といい、この複利によって雪だるま式に増えていくこと複利の最大の特徴と言えます。

複利と単利

複利の対義語に単利があります。

単利は、複利とは反対に利子に対する利子がつかないため元本に対して一定の速さで、増加していきます。

単利と複利の成長度合をグラフで表すと、以下のようになります。

このように、左の単利は「直線」、右の複利は「曲線」の成長線となります。

そして、今回、僕がお伝えしたい複利効果というのは、右の図のような複利成長曲線を描くこと、です。

それでは実際にどのような複利効果があるのでしょうか。

資産運用における複利は効果絶大

皆さんもしているであろう資産運用

資産運用されている方は、どんな形で「資産運用」されていますか?

資産運用とは、”自分が持つ資産を貯蓄・投資して効率的に資産を増やしていくこと”です。

ですから、毎月3万円を積み立てて貯金しているという人も、それは立派な「資産運用」となります。

では、単利で資産運用する場合と、複利で資産運用する場合で、資産の増え方を見てみましょう。

単利運用

毎月3万円積み立てるケースを単利運用で考えてみます。

年利5%の単利サービス金融商品で毎月3万円を積み立てた場合、

1年で貯まる金額「3万円×12ヶ月=36万円」この36万に年利5%分が上乗せされ「37.8万円」が1年で運用される金額です。

そしてこれを10年間運用したら「37.8万円×10年=378万円」となります。

この「378万円」から元本の「360万円」を差し引いた「18万円」が10年の単利運用によって得られた金額となります。

複利運用

一方、同じ条件で複利で運用するとどうなるのか考えてみます。

1年で貯まる金額は「3万円×12ヶ月=36万円」この36万に年利5%分が上乗せされ「37.8万円」が1年で運用される金額。と、ここまでは上の単利運用と変わりはありません。

しかし複利運用の効果が発揮されるのはここからで、この37.8万円という金額に対して5%という利率で運用されるようになります

すると、2年目は37.8万円×105%=39.69万円。3年目は39.69万円×105%=41.67万円。4年目は…というように、毎年、運用された金額に対して利率がかかるので、雪だるま式に資産は増加していきます。

複利で10年間運用した場合

1年目・・・36万×105%=37.8万円

2年目・・・37.8万×105%=39.69万 37.8万+39.69万=77.49万

3年目・・・39.69万×105%=41.67万 77.49万+41.67万=119.16万

4年目・・・41.67万×105%=43.75万 119.16万+43.75万=162.91万

5年目・・・43.75万×105%=45.93万 162.91万+45.93万=208.84万

6年目・・・45.93万×105%=48.22万 208.84万+48.22万=257.06万

7年目・・・48.22万×105%=50.63万 257.06万+50.63万=307.69万

8年目・・・50.63万×105%=53.16万 307.69万+53.16万=360.85万

9年目・・・53.16万×105%=55.18万 360.85万+55.18万=416.03万

10年目・・・55.18万×105%=57.93万 416.03万+57.93万=473.96万

と、このように10年間運用した結果、最終的に「474万円」となり元本の「360万円」を差し引いた「114万円分」が利息として受け取れるようになるのです。

上の単利で得られた18万円の利息と比較すると、実に「96万円」もの差が出てくるのです!!

これが、資産運用における複利効果の威力です。

複利効果を仕事に活用

では、この絶大な威力を発揮する複利を、お金を稼ぐ「仕事」に生かすことができないのでしょうか?

お金を複利的な速さで稼ぐことができれば、理想的な人生も夢ではありませんよね

回答としては、「十分可能」であり、なぜなら、

現代では、複利の恩恵を得ることができる素晴らしいシステムやプラットフォームがあり、上手くそれらを利用すれば、複利成長によってお金を稼ぐことができると考えています。

時給換算の仕事=単利

まず、この時給換算の仕事は、時給分の給料しか得られない、いわゆる単利的な仕事です。

時給1,000円と決まっていれば、1日7時間働いても、7,000円。

それを1ヶ月20日間働けば、14万円の給料がもらえる。

というように、「時給×時間×働いた日」によって所得が決まり、どれだけ頑張って働いても働いた分の給料しか得られません。

サラリーマンやアルバイトといった働き方がそうですよね。

【労働所得or不労所得】あなたはどっち?違いを図解で解説!

2018.01.24

ネットビジネス=複利

では、複利的にお金を稼げる仕事とは、どのような仕事なのか。

その一つに、「ネットビジネス」があると思います。

例えば、SNSの一つ、『Twitter』である日、あるツイートがバズって、その日を境にフォロワーが急上昇するようになったとします。現在、Twitterのフォロワー数がその人個人の影響力を表す指標となり、ビジネスにおいて優位な立場を取れるということが言われています。実際に、ビジネス目的でTwitterを利用して、フォロワーを増やすことでお金を稼ぐビジネスに繋げているという人も実際にいます。

バズる威力は絶大!バズる方法・バズることで得られるメリット等、解説

2018.06.26

 

また、ブログでも同様です。

ブログで良い記事を書けば書くほど、購読者が増え、他のブログ記事でも自分のサイトが紹介されるようになり急激に読者が増えるというケースも考えられます。

このように、ブログやSNSというようなインターネット上の仕事では、働いた分以上の収益が得られる可能性は十分あるのです。当然、逆も然り。

ブログやTwitterで収益に繋げる具体的な方法についてはこちらの記事をご参考に。

ブログ・SNSから収益発生までん流れを図解で解説

つまり、現代のインターネットの仕組みやSNSを最大限に活用することで、複利的な収益を得ることが十分可能なのです!

さいごに

以上、『複利』について解説しました。

かのアインシュタインを唸らせた

複利は人類史上最大の発見である

という言葉の意味はご理解いただけましたか?

ぜひ、複利効果を活用して人生を楽しくしましょう!

ではでは。

【あわせて読みたい記事】

【資本主義】労働者ではなく資本家へなるために

2018.04.30

【働き方】会社に入る「社員」と会社を作る「社長」の違いを図解で紹介

2018.03.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です