副業解禁でどう変わる?今後の働き方の流れを考察【労働の未来】

2018年、多くの大手企業、中小企業が副業解禁を発表し、まさに副業元年の年となった。

副業解禁によって今後の働き方にどう影響してくるのか、本記事では考察したい。

「なぜ、副業が解禁になったのか?」「副業をしていく人が増えているのか?」と疑問に思う人は、まずはこちらの記事を参考に→“フリーランス白書2018”からみる今後の働き方について

副業解禁が今後の働き方にどう影響するのか考察

副業を始める人が増える

まずは、当然であるが副業解禁によって副業を始める人が増えていくだろう

副業といっても種類は様々だが、中には、本業の収入を上回る人、副業によって才能が開花する人、副業に可能性を見出す人、などが現れてくる。

そうなると、会社をやめ、副業を本業にする人がきっと増えるだろう。

フリーランスが増加する

つまり、それはフリーランスの増加である。フリーランスになる人は、個々人が稼いだお金がダイレクトに自分の収入へと繋がるため、仕事に対するモチベーションも上がると思う。

しかし当然ではあるが、誰もがフリーランスになったからといって上手くいくわけではなく、失敗し再就職する人もいるだろう。

ベンチャー企業が続々と出現する

フリーランスとして成功し、年商が増えれば次に行うのが法人化だろう。

ここ数年でも優秀な若者が起業し、次々とベンチャー企業が増えていると思うが、この副業解禁をきっかけにさらにその流れは加速していくと考える。

事業を会社として経営するようになり、事業規模をどんどん拡大していく。そういった流れがさらなるベンチャー企業をうむようになる。

仕事を発注する側と受注する側の2極化が進む

では、ベンチャー企業などの起業家は事業規模を拡大するため、どうするのかといえば、アウトソーシングだろう。

今の時代、社員を雇って会社を大きくしていくという考えはナンセンスであると考える。今やクラウドソーシングサービスを使って誰もが、仕事を発注したり受注したりできる時代。

つまり、人を雇わなくてもアウトソース(外注)すれば労働をお金で買うことができるわけだ。そして今後、フリーランスの人口比率が高くなればなるほど、クラウドソーシングを利用する人もますます増えていくだろう。

そうなると、どうなるか。

おそらく、事業を拡大したいフリーランスや経営者などの仕事を発注する側と、そういった案件を受注する側の2極化が進んでいくのではないだろうか。

結局、世の中には新たな価値やサービス、商品を提供する人がいる一方で、既存の商品やシステムを利用して労働する人がいる。

この構図は副業解禁によってフリーランスが増えるであろう未来も変わらず、「時間を売って稼ぐ人」と「お金で時間を買う人」に分かれるだろう。

まとめ

こういった流れが今後数年の間で、進んでいくと思う。

最後に、流れをまとめると、

まとめ
  1. 副業解禁によって、副業を始める人が増える
  2. その中には、副業に可能性を見出す人、副業が本業の収入を上回る人などが現れ、フリーランスが増える
  3. フリーランスとして成功した人が起業し、ベンチャー企業が増えていく
  4. クラウドソーシングサービスによって仕事を発注する側と受注する側に2極化していく。

以上、そんなお話。

参考になる人の参考になれば幸いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です