資本主義の世の中を有利に進めるには「独自商品」を増やすこと

あなたは稼ぎ口を何個持っていますか?

おそらく大抵の人が、「1個」と答えるのではないでしょうか。勤務先である会社の収入の1個のみですよね。

 しかし、副業が法律で禁止されている公務員や、副業厳禁の会社を除けば、いくつだって稼ぎ口を持っていてもいいわけですし、資本主義である日本においては、そちらの方がいいはずです。

 本記事では、資本主義の世の中を優位に進めるためには、商品という稼ぎ口を何個も持つことが大切であるという話を語っていきたいと思います。

商品を持つと資本主義の世の中では有利になる

皆さんは商品と聞くと、何を想像しますか?

食品、日用品、雑貨類…などなど、おそらくいま思い浮かんだもの全てが商品であると思います。

そして資本主義においては、こういった商品を持つことは収益を上げるうえで必須です。

何かが売れればその売れた商品を有している会社なり個人の財布が潤うということになります。

では、なぜ世の雇われ人、つまり主に「サラリーマンは商品を持っていないのに給料がもらえるのか?」と考えたことないですか?

会社で働くとは「労働力」という商品を売っている

実は、会社に雇われ働くサラリーマンの人たちは「労働力」という商品を持っています。

労働力とは、「自らの体と時間を使って会社のために働く力」のことだといえます。

つまり、商品を有する会社に対して商品を持っていないサラリーマンが、労働力という商品を売り、その対価として給料を得ているわけなのです。

労働力という貴重な商品をムダ遣いしていないか?

さて、ここで重要なのが、その労働力という商品をムダ遣いしていないか?ということです。

ホワイト企業などで働き、労働以上の給料をもらっていればまだいいですが、労働を酷使するわりに安月給の、いわゆるブラック企業で働いている人は、労働力という貴重な商品をムダ遣いしているかもしれません。

そしてさらに状況を悪化させてしまうのは、給料が安いから残業なりアルバイトなりをすること。

残業やアルバイトをして労働力を投下すれば、その分、もらえる給料も増えるでしょう。

ただ、こうした働き方では、いつまで経っても労働から解放されません

理想的な生き方を叶えるために

では、理想的な生き方を考えたときに、誰にも共通するのが、時間にもお金にも精神的にも豊かな状態であることが理想的な生き方であると思ってます。

時間も体も会社の仕事に奪われる挙句、その対価も少ないブラック企業ではまさに真逆の生き方ですよね。

それでは、ここからは理想的な生き方を叶えるためにどうすればいいのか、資本主義をヒントに考えていきたいと思います。

資本主義を有利かつ理想的な生き方の実現には「独自商品」を持つことから始まる

見出し通り、この資本主義の世の中を有利に進め、理想的な生き方をかなえるためには、「独自商品を持つ」ことが欠かせないと考えています。

ここでいう独自商品とは、自分にしかない唯一無二の商品のことです。

自分の身と時間さえあれば誰でも生産できる労働力とは違いますよね。

資本主義を有利に進める「独自商品」とは何か?

では、独自商品とは具体的に何があるのか。

ここで、商品について少し考えてみます。

商品という漢字を分解すると、「商う品」と書きます。つまり「商売にできるもの」と解釈できます。

先ほども書いたように商品と聞くと、食品やら日用品やら、一見モノを想像しがちですが、商売になりえるものであれば、何でもいいわけです。

それは、お金を稼ぐことができるのであれば、個々のスキルや能力でもいいですし、今の時代であれば、自分が運営するメディア等でもいいでしょう。

たとえば、

スキル系であれば、

  • コミュニケーション能力
  • 英会話スキル
  • プログラミング能力
  • ライティングスキル

など。

メディア系であれば、

  • ブログサイト
  • YouTubeチャンネル

などなど。

こういったものが、独自商品であり、独自商品が多ければ多いほど、資本主義の世の中を有利に進める上では、強い味方になると思っています。

独自商品を持っていても生かさなければ意味がない

とはいえ、独自商品を持っていても、それをお金に変えなければ意味がありません。

ここではそのスキルを売るためのプラットフォームをご紹介します。

スキルを売るためのプラットフォーム

クラウドソーシングをご存知でしょうか。

クラウドソーシングとは、crowd(群衆)とsourcing(業務委託)を組み合わせた造語であり、webサービス上のやり取りで不特定多数の人々に仕事を依頼する新しい雇用形態の一種です。

そしてこの、クラウドソーシングのマッチングサービスがあります。

その代表的なものが、

CrowdWorks(クラウドワークス) 【Freelance Basic by ランサーズ】

です。

無料会員登録をすれば、簡単に仕事を受注して報酬を得られます。まさにスキルをお金に変えられるとっておきの仕事マッチングサイトです。

これも一つの労働力の投下になりますが、会社で働くこととは違い、場所と時間にとらわれず自分のスキルを生かすことができるので、素晴らしいサービスだと思います。

もし、「自分にはこういうスキルがあるけど生かせれないかな。」という人はぜひ活用してみてください。

メディアを運営する

また、メディア運営も大きな独自商品です。いわゆる、ブログやYouTubeからの広告収入が主な収入となります。

メディア運営の最たるメリットは、コンテンツがストックされていくことだと思っています。ブログであれば一度記事を公開すれば読まれ続ける、YouTubeであれば作成した動画を一度公開すればずっと再生され続ける可能性があるわけです。

これはつまり、労働からの解放です。メディアビジネスは軌道に乗るまでは多くのリソースを割かなければなりませんが、軌道に乗ってアクセスが増え始めると、少ない労働で、多くの収益を得られる可能性がある、ビジネスであり、独自商品なのです。

まだ、何もメディアを持っていない人は、この機会に始めてみてはいかがでしょうか。

メディア運営の初めはブログがいいと思います。文字で表現することは情報発信する上で基礎なので。

ブログを始めるなら、まずはお名前.com で、ドメインの取得から!

まとめ

以上、資本主義の世の中を有利に進めるには、「独自商品を増やす」ことが大切で、その独自商品の種類や作り方についてざっくりと解説させていただきました。

いかがだったでしょうか。

近年、国からも副業が推進されている中で、本業以外にも稼ぎ口を増やしておくことは今後の日本を生きる上で大きな味方であり、リスクヘッジになるかと思います。

ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事:労働者ではなく資本家になる為に【資本主義社会において】

業界未経験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です