集団会話が苦手な人必見!「ある事」をするだけで改善される!

このページを開いているということはきっと集団での会話がすごく苦手で、いち早く改善したいと思ってるのではないでしょうか?

もし、そう思ってるのなら、本記事はかなりお役に立てるのではないかなと思います。

なぜなら本記事では、タイトルにもある通り、集団会話が苦手な人必見!「ある事」をするだけで劇的に改善してしまうから。

ぜひ、集団会話が苦手で辛い思いををしている人は、参考にしてみてください!

集団会話が苦手な原因

今回の集団とは最低でも3人を示していますが、3人ならまだ大丈夫でも、その数が多くなればなるほど、うまく喋ることができず気まずい思いをしてしまう人も多いのではないでしょうか。

そもそもなぜ、集団での会話が苦手になってしまうのか?

まずはその原因から明らかにしてみましょう!

原因は主に以下のことが考えられます。

  • 何を喋っていいのか分からない。
  • 喋ろうとしてもシラけてしまうのでは?とネガティブな妄想が膨らんでしまう。
  • 喋ろうにも、誰かと被らないか?と遠慮してしまい、うまくタイミングが掴めない。

いかがでしょう?

もし、1つでも当てはまっていたらひょっとすると、本題の「ある事」をするだけでかなり改善されるのではないかと思います。

集団会話が苦手な人の特徴

また、集団での会話が苦手な人というのは、上記の原因のように自分に自信が無かったり、周りに気を使いすぎるところがあります。

そのため「自分が喋る事で誰かに迷惑がかかるのでは…」「盛り上がりが冷めてしまうのでは…」などと余計な妄想が膨らんでしまい、口を開こうにも中々開くことができない、という悪循環に陥ってしまうのです。

そこで有効なのが、本題である「ある事」に繋がります。

会話はリアクションが命

その「ある事」とは「リアクション」です!

そう、リアクションを意識するだけで集団での会話が劇的にできるようになるのです!

いかがでしょうか?

ここまで読まれている人の中で、自信を持って「ちゃんとリアクションをしてる!」という人はいますでしょうか?

おそらくほとんどの人が答えは「ノー」だと思います。

なぜなら、集団会話が苦手な人ほど、気まずい思いをしたくないという気持ちが強いため、「喋らなきゃ!」と思い、喋ることに意識が集中してしまいがちだからです。

つまり、喋らないといけないと焦る気持ち、と、喋らなきゃ!というプレッシャーでリアクションを忘れてしまいがちである、ということ。

その結果、あれこれ頭の中でグルグル考えてしまい話せずじまいで終わってしまうのです。

しかし、上記でお伝えしたように会話において本当に重要なことは喋ることよりも、リアクションの方になります。

リアクションをしっかり取ることで劇的に集団会話が上手くなるはずです。

では、もう少し掘り下げ、リアクションを取ることによってもたらされる効果についてお話ししていきます!

リアクションがもたらす効果

リアクションを取ることによる大きな効果は以下の2つだと思っています。

  • 存在感を示せる
  • 話し始めるステップにできる

 まずは、「存在感を示せる」ですが、集団会話においては、いかに存在感を常に発揮できるか、が重要だと思います。そんな時、常に誰かが話した事に対してリアクションをしっかりと取れば、周りの人たちは、リアクションをしっかり取ってくれる人(拾ってくれる、フォローしてくれる)がいるという安心感に繋がりますよね。これは重要な存在です。

2つめの「話し始めるステップにできる」は、めちゃくちゃ重要で、何もリアクションなく存在感の薄い人が急に話し始めると、周りは緊張状態になります。「急にどうした…」「何を話し始めるんだろう…」というように。これは多分、本能的なところだと思うので周りは全く悪気はないんだと思います。

ただ、やはり全く口を開かなかった人が急に話し始めると緊張が走り、耳を傾けようとするという状況は何となくイメージが湧くのではないでしょうか?

心当たりがあるという人はまさに冒頭にも挙げた、喋ると場がシラけてしまうんじゃないか…と思い込んでしまって中々喋れない人の中の1人ではないかと思います。

まとめ

というわけで、集団会話が苦手な人の原因はリアクション不足にあって、リアクションをしっかり意識して取ることでかなり改善されるのではないか、という事でした!

いかがでしたでしょうか?

共感できる人は、早速、リアクションを意識して実践してみてください!

リアクション→話し始める

の2ステップを意識して集団会話に臨んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です