コミュ障を改善するたった1つの方法【コミュ障必見】

今回はタイトル通り、コミュ障を改善するたった1つの方法について紹介していく。

コミュ障とは

まずはコミュ障の定義について正しく理解しておこう。

「コミュ障とは」でググるとこのように出る。

コミュ障(こみゅしょう)とは、コミュニケーション障害の略である。実際に定義される障害としてのコミュニケーション障害とは大きく異なり、他人との他愛もない雑談が非常に苦痛であったり、とても苦手な人のことを指して言われる。 引用:ニコニコ大百科

コミュ障=話し方が下手、伝える能力が低いという風に勘違いしている人も多いのではないだろうか。

しかし本来のコミュ障の定義は、他愛もない雑談が苦痛あるいは苦手な人のことを指すのだ。

つまり、どれだけ話し方の訓練やコミュニケーションスキルを磨いたところで、コミュ障は改善されないということを前提として理解しておく必要がある。

コミュ障を改善するたった1つの方法

それでは、コミュ障について正しく理解できたところでここからはコミュ障を改善するための具体的な方法について紹介していく。

先述したように、コミュ障とは一言でいえば雑談が苦手な人のこと。つまり、コミュ障を改善するためには「いかに雑談に対する苦手意識をなくせるのか」が重要であり、言い換えると、「雑談を好きになれればコミュ障は改善される」ということでもある。

では、雑談に対する苦手意識をなくし、好きになるにはどうすればいいのか。

それは、興味関心を高く持つことだ。

他愛もない会話である雑談とは、言い換えれば、興味関心の塊が言語化されているといえるのではないだろうか。雑談が苦痛、苦手に感じる人は、限りなく興味関心が低いということ。

心当たりの方はどうだろうか?

つまり、雑談の根源である興味関心を高くすれば、自然と雑談に対する苦手意識もなくなりコミュ障も改善されるのではないか。というのが本記事の答えである。

とはいえ、一言で興味関心を高く持つといっても具体性が全くない。ここからは興味関心の持ち方について具体的に解説していこう。

興味関心の矛先

まずは、興味関心の矛先である。

雑談を好きになる上で、次の2つのことに興味関心を持とう。

  1. 他人に興味を持つ
  2. 時事ネタに興味を持つ

他人に興味を持つ

基本的に人は、自分のことしか興味がない。あっても家族や親友など身近な関係がある人くらい。そのため、仕事上の繋がりや顔見知り程度の薄い関係の人などに対して興味がないのは当たり前。

しかし、雑談とは基本的にそんな人たちと取ることがほとんどだと思う。だからこそ、その相手に対して興味を向けることが大切で、「その人はどういう人なのか。」「何に興味があるのか。」「共通点は何かないか。」と興味関心を深めることが雑談を好きになる第一歩なのではないかと考える。

興味を持って話していくうちに次第に共通点が見つかったり、連続性のある話になったりと、雑談が少しでも楽しいと思えるようになれば自然とコミュ障も改善されていくのではないか。

時事ネタに興味を持つ

もう1つは、時事ネタに興味を持つことも重要だ。

時事ネタとはひとえに世間のニュースだけではなく、今いるコミュニティの中でどういったことが今、話題なのか、というネタである。日々、そのような時事ネタにアンテナを張り、自分の考えなり意見を持っておけば、自然と雑談で話せるようになって苦手意識がなくなっていくのではないだろうか。

コミュ障を改善する方法:まとめ

というわけで、コミュ障の定義からコミュ障を改善する方法について紹介した。

その方法とは興味関心を持つことであると紹介したが、なにも他人のことを隅々まで調べ上げたりだとか、時事ネタの全てを把握して考えを持っておけという訳ではない。

大切なことは少しでもそういった意識を持っておくだけで雑談に対する意識が変わり、自然とコミュ障改善に繋がっていくのではないか、ということだ。

ぜひ、「自分はコミュ障だ…」「雑談が苦痛で仕方ない…」という人たちの参考になれば幸いである。

関連オススメ記事:雑談は人生を変える!【雑談力を上げる5つの方法とは】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です