会話をはずませるには「あまくさの原理」を使うべし!

会話は人間関係を築く上で基本であり重要なものです。

相手との会話が楽しければ「また会いたい」と思うようになり次第に仲が深まっていきます。

反対に、相手が自分に対して「この人と話していてもあまり楽しくないな」と思えば、たとえこちらが相手に対し好印象を抱いていても、相手から距離を置かれてしまい仲は深まりません。

それだけ会話というものは、人と人との関係性を深める上で、基礎であり超重要なものなんですよね。

そこで今回は、会話を弾ませる一つのコツについて簡単にご紹介したいと思います。

あまくさの原理とは

会話を弾ませるコツの一つに「あまくさの原理」というものがあります。ご存知でしょうか?

あまくさの原理とは、「あいづち」「まとめ」「クエスチョン」「賛美」の頭文字を取ったものです。会話では、これらの「あまくさ」を使うと「自分の話を聞いてくれている」と話している人は感じるようになります。

会話を弾ませる上では、少しでも相手が楽しく話してもらえることが重要になってきます。

そこで、このあまくさの原理を活用することで、相手に気持ちよく話してもらい、聞き上手になることができます。

会話が上手い人は、聞き上手が多いです。あまくさの原理は聞き上手になるための会話の掟です。

一つずつ具体的な方法を紹介していきますね。

「あいづち」

適度に会話の間にあいづちをはさむことで、相手の話をリズムに乗せることができます。

聞き上手の基本は、「自分の話をちゃんと聞いてくれている」と相手に思わせることです。当然ですが、無愛想な顔で話を聞かれるのと、「うんうん」「へー」「あー」などのあいづちを適度に入れられるのとでは話すモチベーションが変わってきますよね。

ただ、あいづちで注意が必要なのは、「適度な」あいづちです。過度なあいづちは逆に、「話に興味がない」「聞いてない」と思われがちなので、適度ということを意識しましょう。

あと、あいづちを打つことに気を取られてしまい会話の内容が頭に入ってこなければ本末転倒ですからね。あくまで、相手の話していることに興味を持って心からのあいづちを打つことが大切ですね。

「まとめ」

相手の言ったことを簡単にまとめてあげることも、会話を弾ませる上では重要です。

先述したように、聞き上手の基本は相手が「自分の話をちゃんと聞いてくれている」と思わせることです。そこで、自分が話したことを簡単にまとめてあげると、「ちゃんと聞いてくれている」って思いますよね。すると、相手はどんどん話したくなるはずです。

ただ、まとめるといっても、毎回相手が話した内容をまとめる必要はありません。次の話題へと繋げやすくする意味で、話の節目などに活用するといいでしょう。

「クエスチョン」

クエスチョン=「質問をする」ことも聞き上手の基本中の基本で、質問を投げかけることで、さらに話題がふくらみます

先の話の節目に使う「まとめ」とセットで使うのがいいでしょう。相手の話を簡単にまとめたあと、質問でさらに話題をふくらませるという感じですね。

「賛美」

あまくさの「さ」は「賛美」の「さ」です。

つまり、相手をほめるということ。「すごいね」「さすが」など、褒められて悪い気のする人はいませんよね。むしろ、「この人といると楽しい」と感じてもらえるようになります。

ただ、賛美もあいづちと同様、使いすぎには注意。何事も適度が重要ですね。

まとめ:あまくさの原理で会話上手に!

今回は、会話を弾ませる一つのコツ「あまくさの原理」について簡単に紹介しました。

いかがだったでしょうか?

無意識に使ってたというあなたは、おそらく聞き上手であり会話上手かもです!

「あまり心当たりないな」というあなたは、今日から「あまくさの原理」を活用してみて会話上手を目指してみましょう!

会話上手になる「あまくさの原理」
  • 「あいづち」ー適度なあいづち
  • 「まとめ」ー相手の話を要約する
  • 「クエスチョン」ー質問を投げかける
  • 「賛美」ー相手を褒める

ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです!

また、聞く側でなく話す側になったときには「自己開示」で自分の弱みや悩みを打ち明けることで、相手に親しみを感じてもらうことができます。

自己開示についてはこちらの記事をご参考に。

仲良くなりたい相手と簡単に距離を縮める方法【人付き合いが苦手な人必見】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です