「自分のキャラ」を持つことの重要性と作り方

人それぞれ、「キャラ」というものがあるかと思います。

これがいわゆる「個性」であり、この個性つまりキャラが際立つ人ほど魅力的な存在に映ります。

では、そんなキャラを際立たせるためにはどうすればいいのか、キャラ作りの方法についてお伝えしていきたいと思います。

「自分には個性がない…」「キャラが薄い…」と思う人には参考になる記事ではないでしょうか。

「自分のキャラ」を持つのこと重要性とは

キャラ作りの前に、なぜ「自分のキャラ」を持つことが重要なのか。

それは冒頭にもお伝えしたように、「キャラが濃い」=つまり「個性が際立つ」人ほど魅力的に映るものです。

キャラが濃い人は、たとえ初対面の人に対してでも相手の印象に強く残りますよね。

今まで初対面の人で印象に強く残った人を思い出すとわかるかと思いますが、印象に残る人って魅力的な人が多いのではないでしょうか。当然、悪い方の印象ではダメですが。。

では、一方で「キャラが薄い人」はどうでしょうか?

初対面の時に個性がなくキャラが薄い人だと、なんだか印象にも残りにくく忘れ去られがちですよね。

つまり、自分のキャラを持つことは、相手の印象に残りやすくその後の関係性にも繋がっていく重要なことになるのです。

キャラ作りの方法

キャラがあった方がいいこと、そしてキャラがない人はキャラをいち早く確立した方がいいということがわかったかと思います。

では、どうやって自分のキャラというものを確立していくのか。

それは、周りからよく言われる自分の印象や性格などにヒントが隠されています。

結論をいうと、周りの人からよく言われる自分の姿(印象、性格等)をそのままキャラ化してしまえばいいのです。

例えば、よく「真面目だね」と言われたら真面目キャラに。「誠実そうだね」とよく言われたら誠実キャラに。なればいいのです。

何がダメかというと理想と現実にギャップがあって、キャラが確立されないこと。

つまり、周りから言われる自分の印象が客観視された本当の自分の姿であって、その部分を伸ばしてキャラへと変えていけばいいわけです。そうすることで、徐々に「キャラ」として確立されていき、相手の印象に残りやすくなるのではないかと思います。

なので、まずは自分は周りから何と言われることが多いのか、を思い返してみること。そして、最も言われていることがきっと自分のキャラを確立する上で最も近い重要な素材になります。その素材を無駄にせず、どんどん素材に磨きをかけ伸ばしていけばキャラへと変わり、次第に周りからは「〇〇さんは〇〇キャラだよね」と言われるようになるのではないでしょうか。

キャラ作りの上での注意点

ここでキャラ作りする上での注意点について1点だけお伝えしておきます。

それは、キャラと真逆の行動をしないことです。

では、「真面目キャラ」を例に出して見ましょう。

真面目キャラであれば、時間や期限はしっかり守る、言葉遣いが丁寧、などといったイメージがあるかと思います。

しかし、そんな真面目キャラだと思っていたら急に時間にルーズになった、言葉遣いが汚くなった、といったことが連発したらどうでしょう?

一気にキャラが崩れ、自分自身への信頼性にも響いてくる可能性だってあります。ですから、キャラ作りする上では、そのキャラと真逆のイメージを持たせてしまうような行動や言動だけには注意する必要があるのではないでしょうか。

ありのままの自分を出して

このように、自分のキャラを持つことの重要性やその作り方について解説してきました。

いかがでしょう?少しはキャラを作る上での参考になったでしょうか?

重要なことは、周りから評価されている自身のありのままの長所をとことん伸ばしていくことが、あなた自身のキャラへと変えていくのだと思います。

それではレッツキャラ作り!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です