【未来】AIの進化によって『個人の時代』へと変わっていく

こんにちは、よすです。

 

未来を想像するのって楽しいですよね。

私が生きているこの30年足らずの間でも、インターネットが普及して、携帯電話の形が変わり、SNSが流行して、AIが徐々に生活に浸透してきて…

というように過去30年足らずの期間を遡るだけでも、すごく科学やテクノロジーは進化を遂げたのではないでしょうか。

反対に、未来の30年後はどうなっているのか、と考えた時に、きっと我々には「予想もつかないくらいの世の中に変わっているんだろうなぁ。」と考えるだけですごくワクワクします。

未来を妄想

簡単にざっと想像するだけでも、こんな感じなのかな。

以下、私の勝手な妄想。

****************************************

AI(人工知能)の進化が加速

様々な場面で実用化される

一般家庭、一般企業にもAIが普及・浸透

企業が労働にAIを採用し始める

経営者は人を雇うよりも断然AIを雇った方が生産性が良いことに気づく

AIによって人間の労働が徐々に奪われ始める

労働を奪われた人間は生活が苦しくなる

失職する人が増え、国がベーシックインカムを採用する(国民1人当りに一定額を毎月支給)

「働く人」と「働かない人」に二極化される

「働かない人」は時間が余る

余った時間を埋めようと趣味に没頭するようになる

一般的な趣味が多いエンタメ産業が発展する

稼げる人がさらに稼げるような世の中になる。いわゆる『個人の時代』へと突入

*****************************************

と、未来を勝手に妄想してしまいましたが、大体こんな感じで進んでいくんでしょうかね。

もちろん未来といってもこれだけに限らず、経済や医療、人口動態など様々な事柄がありますがね。

急速なAIの進化・発展

また、AIの進化についてこんな話を聞いたことがあります。

AIはAIが教師として学習し始めるため、発展スピードはどんどん加速していく”

“今後10年間の変化は過去10年間の変化の2倍ではない。なぜなら、AIやスパコンは比例直線的ではなく、指数関数的な成長スピードである”

AIの発展は倍々ゲームで進み、すぐに人類やあらゆるSFの予測範囲を上回る(地球上で髪を51回折ると太陽に届く)”

などなど。

 

2045年に『シンギュラリティ(技術的特異点)』と言われる人工知能が人類を超える日が来るなんて言われていますが、こんな話を聞くと、本当にターミネーターみたいな世界が来てもなんら不思議じゃないですね。

一つ間違いなく言えるのは、我々が生きている『今』は、時代の変わり目である『過渡期』であること。

そしてこの過渡期の時代に、どんどんチャレンジして出来ることをしていかなければ、気づいた時には『負け組』になってしまっているのだと思います。上でも述べた『働く人』or『働かない人』の後者になってしまうかと。

これからを生き抜くならホリエモンの『多動力』を読むべし!

これからの時代で大切なことは、堀江貴文さんの『多動力』という本がすごく勉強になりますよ。これからの時代、生き抜く上で重要となるスキルやマインド等が培われると思います。

実際に私もこの本を読んで、価値観が変わったと感じています。

ぜひ、良かったらお手に取り、読んでみてください!

【↓↓↓通常版はこちら】

【↓↓↓漫画版はこちら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です